パソコンが発火!画面割れをしている場合は要注意!

iPhoneやスマホのバッテリーが発火して火事になる!というニュースは何度か見た事がありますが、まさかパソコンが発火するとは。。
一体型パソコンの画面が割れてしまって修理をしてほしいという依頼がありましたが、今までにない経験をしたので記録として残しておきます。

 

【故障のお問い合わせ内容】
液晶ユニット左側下が焼損。
画面の左側が表示不可。
焦げ臭い。
との事でした。

 

パソコン発火


パソコンを当社まで宅配便で送っていただき状態の確認をしましたが、電源投入前の時点で液晶フレームが溶けていることに気づきました。
電源を入れていない状態でも画面割れをしていることはわかっておりましたが、状態の確認をする意味で電源を入れてみました。

画面全体が割れてしまっているために液晶交換をしなければならないのですが、焦げ臭い匂いがかなりするために確認をしたところ、パソコンの画面が発火しているではないですか!
最初は液晶の色合いの「赤」と思っておりましたが、完全に火種 (発火) の状態でした!

今までにパソコンの画面割れの修理は数万台と行なっておりますが、パソコンから発火している光景を見たのは初めてだったのでかなり驚きました。

パソコン 焼けた


すぐにパソコンの電源を切り液晶だけを取り外しましたが、完全に焼け焦げてしまっているのが確認できました。
画面が発火した事でプラスチック部分が溶けておりますね。

 


その後は液晶パネル交換だけをさせていただきましたが、正常に表示されるようになっております。
データに関しても問題なく残っておりましたので、発火によるトラブルは液晶のみでした。

 

まとめ

パソコンをスリープ状態にして外出される方は非常に多いと思いますが、このような光景を一度でも見てしまうとかなり怖いですね。
また、画面が割れてしまっても外部モニターに接続をすればパソコンとしては使う事ができますが、どこかに不具合がある事が分かっている場合は電源を切ってから外出をされた方が良いでしょう。

発火によるトラブルはバッテリーがほとんどと思っておりましたが、今回のようにバッテリー以外でもあり得るという事がわかりました。
画面割れをしても外部モニターに接続すれば使えるから修理しない!とお考えの方は多いと思いますが、今回の事例を見て一度考えてみる事をお勧めいたします。

 





液晶修理センター 八千代店


液晶修理センター 船橋店