NEC LL550/KG 画面割れ 中古パネル交換

NECのノートパソコンLL550/KGの画面割れでパソコン修理の依頼をしていただきました。

LL550/KGはWindows Vistaがインストールされているノートパソコンとなりますので今となっては10年以上前のパソコンになります。
VistaはWindowsのサポートこそ終了しておりますが、Windows Vistaでないと使えないソフトがあったりするために、現在でもWindows XPやVistaを使われてる方はいらっしゃると思います。
当社ではWindowsのOSに限らず部品入手が出来る場合は対応することができますので修理先にお困りであればお気軽にご相談いただければと思います。

【故障のご相談内容】
パソコンを落として画面が半分見えなくなりました。

LL550/KG 液晶割れ

NEC LL550/KGを宅配便で送って頂き状態の確認をさせていただきましたが、画面の右側に液晶割れがあり部分的に表示不良が発生しておりました。
見えている左側ではWindowsの起動画面が確認できますのでデータに関しては問題なく残っていることがわかります。
修理の方法としては液晶パネルの交換をすれば今までと全く同じ環境でパソコンを使うことができますが、年式を考慮すると新品部品では割に合わなくなってしまうために、今回は中古パネルにて交換をさせていただく流れとなりました。

NEC LL550/KGの液晶パネルを中古の液晶パネル交換させていただきました。
この辺りのパソコンになると中古の液晶パネルを使うとバックライトが劣化していて画面が暗かったりする場合がありますが、交換させていただいた中古液晶パネルは状態が良かったのでバックライトの劣化も少なくまだまだ使える中古液晶パネルでした。
データに関してはそのまま残した状態で中古の液晶パネルに交換をしただけとなりますので運極をは今までと全く同じ環境でパソコンが使える状態になっております。

 

NEC LL550/KGの修理にかかった日数は?

今回のNECのパソコン修理は中古部品を使った修理となりましたが、パソコンをお預かりした時にタイミングよく部品のストックがありましたのですぐに交換作業ができました。
持ち込みではなく宅配便を利用した修理のために送付期間こそありますが、パソコンが到着した日に修理は完了しておりますので最短日数でパソコン修理が出来ております。

 

中古液晶パネルを使うメリット、デメリットとは?

メーカー修理の場合は新品部品、中古部品の選択ができず新品のみの取り扱いになると思いますが、当社のような民間の修理店では部品の用意ができる場合は中古部品の選択も可能です。
中古部品の最大のメリットは新品部品を使用したパソコン修理に比べると修理代金が安くなるということです。
逆にデメリットとすれば新品ではないので劣化が多少あり、液晶の照度が若干暗かったりする場合がございます。
バックライトがCCFLの場合は比較的に照度の明暗がありますが、2010年以降に発売されているノートパソコンの場合はLED液晶に変更されているために中古パネルを使った場合でもショートの劣化はあまり感じられません。

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店