Mac 画面に線が入った修理 原因は?

MacのパソコンMacBook Pro Retinaモデル13インチ 2013年式をお使いの方で画面に線が入ってしまったという事で修理の依頼がありました。
仕事の都合でどうしても早急に修理ができる店舗を探されていたそうですが、何店舗かに相談をしても全ての店舗で納期がかかってしまうという事で依頼をしなかったそうです。
その後インターネットで当社を見つけてくださり修理となりました。

Macの即日修理をしているお店は全国的に見ても極端に少ないですが、当社は以前よりMacの修理業務を行なっている事もありますので修理内容によってはMacの即日修理は可能です

いくつかの修理事例も紹介いたしますので、Macの画面に線が入ってお困りの場合は参考にしてくださいませ。

 

Macの画面に出ている場合は修理が必要です。

・Macをぶつけてしまってから画面に線が入るようになった。
・ぶつけたりはしていないが時々画面に線が入るようになった、常に線が表示されている。
・画面全体に無数の線が入る見えない。

 

Macの画面に線が入る原因は?

線が入ってしまう原因は実はとても多く、上記の例にあるぶつけた、落下させたなどでしたら原因は比較的わかりやすいのですが、何もした記憶がないのに画面に線が入る場合は意外と厄介だったりします。
液晶パネル交換で済む場合もあれば、液晶交換しても線が入ったままなんて事は意外とあります。
また、グラフィックボード(カード)故障、ロジックボード故障で線が入ることはありますが、この場合は修理代金は比較的高額となり、入念な調査が必要となりますので数日から数週間は預かりになる場合もございます。

 

画面に線が入った場合の故障切り分けポイント

画面に線が入っているがほとんどの部分で見ることが出来る場合と、画面全体に線や表示不良があり全く見ることが困難な場合がございます。
どちらの症状にも言えることですがテレビやデスクトップなどに使われる外部モニターがあれば自分で故障の切り分けをある程度を判断することができます。
外部モニターはHDMIケーブルなどを用いることで接続できますが、外部モニター側で表示をさせ、線が一切入っておらず正常に映るようでしたら液晶画面の故障の可能性が高くなります。
逆に外部モニターに表示させてもパソコン側と同じ症状の場合はロジックボード故障の可能性が高くなりますので修理店に相談をされてください。


Macの画面に線が入った修理事例

以下はMacの修理例をいくつか取り上げておりますので同じような症状、画面に線が出てしまった場合は参考にしてください。
(今回の場合は液晶故障です。)
画面に線が入った症状は液晶パネル交換で改善するパターンが最も多いですが、機種によっては修理代金や納期が全く異なりますので、修理依頼をされる場合は正確な型番を教えてくださいませ。

 

Mac 画面に線がある故障事例 1

今回の故障内容は液晶割れになりますが、以下の画像はMacを店舗まで持ち込みをしていただき電源を入れさせていただいた状態となります。
右側の一部分にだけ線(帯)が入ってしまっておりますが、Mac OSは正常に起動している事が確認できました。

mac 画面に線

上記のようにMacに衝撃が加わり画面に線が入ってしまった場合はパネル交換を行う事で改善されます。
当店の修理方法は液晶全てを交換するわけではなくパネルのみを交換となりますのでメーカー費用に比べると半額程度の格安料金でパソコン修理が可能です。

2

液晶パネルだけを交換となりましたが正常に表示されるようになり右側にあった線も無くなっている事がわかります。
今回のMac修理にかかった費用は約4万円になりますのでメーカーや大型家電量販店の費用に比べるとだいぶ安く直せております。
今回の機種MacBook Pro Retinaモデルはモニターが特殊な構造になっているために修理難易度は非常に高くなっております。

 

Mac 画面に線がある故障事例 2

A1278 画面に線

上記のモデルはMacBook Pro Retinaモデルでしたが、以下のモデルはRetinaモデルの前機種になるMacBook Pro A1278です。
Retinaモデルとの大きな違いは液晶になりますが、Retinaモデルはモニターが1枚構造に対し、A1278はディスプレイが2枚構造になっております。
保護ガラスと、液晶パネルに分かれている為に、画面に線が入った場合でも液晶全部の交換ではなく、パネル部分だけの交換ができる為にRetinaモデルの液晶交換と比べると費用は格安になっております。

2

保護ガラスの中にあるディスプレイ部分だけを交換しておりますが、線がなくなり正常に映るようになった事がわかると思います。
今回の機種はMacBook Pro 13インチでしたが、15インチ(A1286)で線が出るようになってしまった場合は要注意です。
特にぶつけたり落とした記憶がない場合でも画面に線が入る事がありますが、液晶故障の場合もあればロジックボード故障の疑いもございます。
数年前になりますが、Appleの方でグラフィック系のリコールを発表しておりましたが、現在は修理受付終了しておりますのでメーカーで対応はしてくれませんね。

Retinaモデルの画面交換が4万円から5万円くらいに対し、MacBook Pro A1278の場合は2万円台となっている為に非常に格安に直す事が出来ました。

 

Mac 画面に線がある故障事例 3

【故障のお問い合わせ内容】
液晶破損。
キーボードの上にイヤホンを置いた状態で、Macを閉じてしまった。
液晶に白いとピンクの線が縦横方向に走っています。
との事でした。

電源を入れると画面に線が入っている事はすぐにわかりましたが、OSは正常に起動している事もわかります。
当社で行う液晶修理はデータは残した状態で作業をしますので、修理をしても今までのように使う事が可能です。

アセンブリ交換ではなく液晶パネルだけを交換させていただきましたが、線が消え正常に映っている事がわかります。
部品の在庫がありましたのでMacでも即日修理(当日修理)で完了しております。

MacBook Air 13インチの液晶パネルは以前に比べると部品代金が高額になってきている為に、予算次第では買い替えも検討した方が良いかもしれませんね。

 

Mac 画面に線がある故障事例 4

【故障のお問い合わせ内容】
ローテーブルの上から床に落下してしまい画面に線が入るようになってしまいました。
衝撃がMacに加わるまでは普通に映っておりましたので、落とした事が原因と思われます。

MacBook Airをお預かり後電源を入れさせていただきましたが、上から下に線が入っているのと、下側の横に向かって線が入っている箇所ありました。
衝撃が加わったことが原因かと思いますがデータに関しては残っておりますのでそのまま残した状態で液晶パネル交換だけをさせていただきます。

液晶パネル交換のみをしておりますが正常に画面が映るようになったことが確認できました。
当社でMacの液晶修理を行う場合でもデータは消去せず、そのままの状態で作業をしますのでご安心下さいませ。

 

 

Mac 画面に線がある故障事例 5

【故障のお問い合わせ内容】
iMacの電源を入れるとりんごマークは表示されますが、そのあと一向に進まない。
しばらく待っているとピンク色の線が数センチ幅で出てきて画面が青くなったりとフリーズしたようになります。
寿命ですかね?

iMac グラフィック故障

以下の画像はiMacをお預かりし電源を入れただけになりますが、ピンクの線が等間隔に出ておりました。
この症状は典型的なグラフィック故障ですが、最近だと特にiMac 27インチ 2010年、2011年あたりに多くみられます。
グラフィックカードが故障してしまうと起動もうまくできない為にMacとして使う事ができません。
もちろんMacの修理は必要ですが、iMacのほぼ全バラシをする必要がある為に、修理は結構大変な作業です。

iMac グラフィック修理

今回のMacの修理内容はグラフィックカード交換ではなく、チップセット交換をしております。
グラフィックカード交換は結構な修理費用になってしまいますが、チップセットだけ交換する事ができれば若干費用を抑える事が可能です。

グラフィック修理をし再度iMacを組み上げた状態になりますが、正常に起動、表示されるようになりました。
グラフィック修理はパソコン修理店でもあまり対応している店舗がない為に、上記のように画面にピンクの線が入ってしまった場合はお気軽にご相談くださいませ。

 

Mac 画面に線がある故障事例 6

【故障のお問い合わせ内容】
Macの液晶を破損してしまいました。
液晶交換は可能でしょうか?
また、費用はどのくらいでしょうか。
(起動は可能な状態です)

mac 画面に線 液晶割れ

Macをお預かりし状態の確認をさせていただきましたが、右下あたりに画面割れしている部分がありますので画面に線が入った原因は液晶割れになりますね。
データは生きている為に、修理方法は液晶パネル交換となります。

液晶パネル交換をさせていただきましたが、正常に映るようになった事が確認できました。
データもそのままの状態になりますので今までと同じ環境でMacを使う事が可能となります。

 

Mac 画面に線がある故障事例 7

【故障のお問い合わせ内容】
MacBook Air 2011モデルでアップルサポートは終了しています。
ディスプレイに線やノイズが入ってしまい正常に起動しません。
故障状況をお伝えしてお見積もりの金額も確認致しました。
検討してみたのですがMacの修理を依頼したいのですが、配送先や配送の指定などその旨ご返信頂けたらと思います。
宜しくお願い致します。

Macの電源を入れると薄い線が大量に入っており、全体が真っ白な表示になっておりました。
もちろんリンゴマークは表示されないため時何が起きているのかさえわからない状態です。
外部モニターに映し出すと正常に表示され、起動もしている事から液晶周りの故障と思われます。

液晶パネルを交換したところ、正常に表示されるようになりました。
原因は不明ですが、おそらく液晶にある基盤が劣化して壊れてしまったのではないかと思います。
MacBook Airは修理実績が非常に豊富にありますが、このような故障の場合はほとんどが液晶ですね。

Mac 画面に線がある故障事例 8

【故障のお問い合わせ内容】
画面が少しだけ割れてしまい、そこから画面に縦線が入るようになりました。
時間が経つと画面が暗くなったらもします。

MacBook 画面に線

MacBookの電源を入れると画面のちょうど半分に縦線が入っておりましたが、原因は液晶割れということになります。
USB-Cポートより外部モニターに表示させ、データが正常であることが確認できましたので,
今回のMac修理は液晶パネルのみの交換で完了予定となっております。

MacBook 12インチ A1534の液晶パネル部分だけを新品部品に交換をさせていただきましたが、正常にログイン画面が確認できました。
データに関してはそのまま残した状態で作業をしておりますので、返却後は今までと全く同じ環境で MacBook をお使いいただけます。

 

Mac 画面に線がある故障事例 9

【故障のお問い合わせ内容】
MacBook Airを勢いよく閉めてしまいに画面に液晶割れや線が入るようになってしまいました。
Appleに依頼する高いという噂を聞いたのでが、インターネットで色々調べたところ御社に相談をさせていただきました

MacBook Air 電源を入れさせていただきましたが画面の上側に液晶割れ代わりそこを中心に細い線が何本も入っていることが確認できました。
見えている部分でMac OSが正常に起動していることが確認できましたので、データに関しては心配はございません。
修理の方法としては上半身の交換ではなく液晶パネルのみで対応させていただきますので格安修理が可能です。

液晶パネルの交換しておりますが正常に画面が見えるようになってことは分かります。
データに関してはもちろんそのままの状態で作業しておりますので、返却後は設定不要ですぐにMacを使うことは可能です。

 

まとめ

今回のようにMacの画面に線が入ってしまった場合は画面交換となりますが、メーカー(Apple)や家電量販店に依頼となるとパネルだけの交換はしてくれずモニター部分全交換になるためにどうしても予算がかかってしまいます。

MacのRetinaモデルは全国的に修理依頼があるために当店では部品のストックをしておりますので持ち込みをして頂ければMacの即日修理も可能となっておりますのでお時間ない方はお問い合わせください。
また、今回のMac修理は画面交換で完了する事ができましたが、特にぶつけたり衝撃を与えていないのに線が入ってしまう場合があります。
この場合は液晶の故障ではなくロジックボードの故障の可能性もありますので調査が必要です。

Macの修理詳細はこちら

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店