MacBook Air A1932 液晶割れとフォルダマーク出現!

2018年に発売されたMacBook Air 13インチの液晶割れ修理の依頼をしていただきました。

【故障のお問合せ内容】
ボールペンを挟んだまま閉じたような記憶が、、、。
画面下から徐々に映らなくなり、今はほぼ何も見えずノイズのような縦線が全開入っています。
との事でした。

 

A1932 画面故障

MacBook Air を預かり後に確認をさせていただきましたが、液晶割れにより表示不良が発生しておりました。
内部の情報が全くわからないのでUSB-Cポートに変換器をかまして外部ディスプレイに接続をしたところ、フォルダマークが出現しておりました。
Macでフォルダマークが出現する理由としては、HDD故障、SSD故障、OSなしが一般的となりますが、今回のA1932のハードディスクはロジックボードに組み込まれているので、ハードディスクやSSD を取り外すといったことができません。
ロジックボードが壊れていてもフォルダマークが出る機種となりますので、一度お客様にOSなどについて確認をさせていただきました。

修理に出す前にお客様側でデータの初期化を試されたということですので一安心です。
ですので、今回のMAcBook Airの修理の内容としては液晶パネル交換をして返却となりますが、お客様の方でOSの再インストールをすればすぐに使える状態になります。

液晶パネル交換のみをさせていただきましたが正常に映るようになりました。
フォルダマークが点滅している状態になりますが、故障ではなくOSがインストールされていないために出ている状態ですね。

 

MacBook Airの修理にかかった日数は?

A1932は液晶交換の依頼が非常に多いためにできる限り部品の在庫が切れないように管理をしております。
宅配便を使った修理方法となりましたが、お預かりをした時にはすぐに修理に入れる状況でしたので1日で終了となり、すぐに返却の手続きに入らせていただきました。
部品のストックがある時に依頼があればお待たせする事なく対応できますのでお気軽にご相談いただければと思います。

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店