MacBookで画面が映らない原因と対処法 【修理店監修】

MacBookはiPhoneの需要に伴い所有される方は非常に多くなっております。
以前当社ではWindowsとMacの修理の比率が9対1くらいでしたが、2024年現在では6対4くらいになっている印象があります。
Macを所有されている方が増えている分、相談いただくことも非常に多くなっておりますが、今回の記事では修理店目線でのお話になりますので、MacBookで画面が映らない状態になってしまった場合は参考にしてくださいませ。

 

MacBookで画面が映らない原因とは?

充電、電源関係が原因

画面が映らなくなってしまった場合、本来はディスプレイ故障、モニター故障などを考えるのが一般的ですが、修理の経験上ではそうではない事もあります。
例えば電気がMacBookの中に必要以上に帯電している場合は画面が映らなかったというケースもあります。

ディスプレイ故障が原因

画面が映らない場合の本命としては、やはりディスプレイ故障です。(ハードウェア故障)
MacBookに何か物を挟んだ、ぶつけた、落としたなどMacに何かしらの衝撃が加わっていないか思い当たることを想像してみてください。
劣化による故障という可能性もあります。

 

画面が映らない場合の症状別トラブル事例と原因

液晶割れ

衝撃が加わった時に起きてしまうパソコンを代表するトラブルの一つになりますが、画面に液晶割れ、ひび、亀裂がある場合を差します。
パソコンに何かしらの衝撃を加えてしまった場合は、液晶割れが画面が映らない原因になると思います。

うっすら

Macの電源は入るが、画面がよく見えない、目を凝らすとうっすらと見える場合の症状を指します。
衝撃が加わったことで画面がうっすらになる場合もありますが、パーツの劣化により画面が映らないという例もあります。

真っ暗

電源は入るが、完全に画面が真っ暗で映っている感じがしない、色も出ない、斜めから覗き込んでもうっすらにもなっていない場合を指します。
ソフトウェアの故障(OS故障)というよりは、今までの経験ではハードウェアの故障、劣化による不具合の方が多い印象です。
原因は複数考えられますので分解調査が必要になります。

 

Macが映らない時に自分で行える対処法

リセット系 (PRAM、NVRAMリセット)

Apple公式でもアナウンスされている方法になりますが、電源が切れている状態で、「command」「option」「P」「R」の4つのキーを押しながら電源ボタンを押す。
10秒、15秒ほど電源ボタン以外は押しっぱなしにしてください。
ジャーンの起動音が複数回(2回以上)なればリセットはできております。

放電する

MacBook 内部に電気が溜まっている(帯電)と電源が入らない、画面が映らない症状が発生することもあります。
その場合はMacをしばらく使わずに放電を試してみてください。
MacBookの左右にはUSB、アダプターの接続口があると思いますが、本体に接続されている全てのアクセサリーは外した状態でしばらく放置します。
30分など短い時間ではなく、MacBookを使う見込みがないようでしたら1日放置してみるのが良いでしょう。

外部ディスプレイに接続

画面が映らない場合の一番重要なポイントが外部ディスプレイに接続してみる事です。
外部ディスプレイはデスクトップなどに使われているモニター、テレビなどで代用は可能です。
普段MacBook単体で使われているようでしたらあまり馴染みがない外部ディスプレイですが、こういったトラブル時にも故障の切り分けができるひとつのアイテムです。

2017年頃までのMacBookですと横にHDMIケーブルを差し込む部分がありますのでHDMIケーブルで外部ディスプレイと接続をします。
2018年以降のMacBookの場合は端子がUSB-Cに切り替わっているので、そのままHDMIケーブルを接続することができません。
USB-Cに対応している変換器などを使って外部ディスプレイと接続をします。

上記の内容が個人でできるMacBookの対処法としては限界です。
これらの内容を試してみてもMacBookの画面が映らない症状が改善しない場合は、修理店に相談をする必要があります。

 

MacBookの画面が映らない場合の修理料金について

MacBookの修理を行う場合、型番の確認は必須です。
本体裏に小さく記載のあるModelでわかります。
<例>
MacBook Air A1932、A2179、A2337、A3113、
MacBook Pro A1708、A1989、A1707、A2141、A2338 など

原因がディスプレイ故障の場合

ディスプレイ故障が原因の場合は液晶パネル交換もしくは上半身交換が必要になります。
もちろん使われている液晶が異なるので修理の見積もりを取るにははっきりとした型番が必要です。
液晶パネル交換のみですと、2万円台から6万円前後の修理費用が多いです。

原因がロジックボード故障の場合

ロジックボードはMacBookの最重要パーツになっております。
もちろんMacBookの機種次第となりますが、費用は比較的高額です。
CPU、ストレージ、メモリなどのスペックにもよりますが、2万円台から10万円前後と幅が広くなります。

原因がアダプター故障の場合

アダプター故障が原因の場合は数千円程度で済むことがほとんどです。
まずは新規でアダプターを購入するよりも、知り合いで同じワット数のアダプターを持っている場合は借りて様子を見てみるのが良いでしょう。

原因がバッテリー故障の場合

バッテリーも機種次第になるのですが、1つの目安としては2万円前後です。
比較的新しいMacBookは全て内蔵タイプになっているので、自分で修理をすることは難しいかもしれません。

 

MacBookの修理を専門業者に依頼する(Apple Store、民間の修理店)

MacBookが壊れてしまった場合はApple Storeか民間の修理店で選択をするのが一般的ですが、それぞれのメリット、デメリットを簡単に紹介したいと思います。

Apple Storeの場合は、MacBookが発売されている大元になるので選択肢としては間違いはないと思います。
ただし、修理方法や修理料金は民間の修理店とは異なります。
純正品のパーツを使って確実な修理ができるのですが、民間の修理店に比較すると修理料金は高額です。
差額としては、仮に液晶交換の見積もりとしては半額から1/3程度民間の修理店の方が安いです。

また、データの取り扱い方法も若干異なり、メーカー系ですと基本データの初期化が前提ですが、民間の修理店はデータを残した修理をしているのがほとんどです。
修理日数についてですが、Apple Storeの場合はおそらく数日から数週間お預けになると思われますが、民間の修理店の場合は最短即日修理から対応できる店舗もあると思います。

 

まとめ

画面が映らなくなったと言っても原因は一つとは限らず個人の方で故障の切り分けをするのにも限界があります。
紹介をした対処法などを確認していただいてもMacBookの画面が映らない症状が改善しない場合はやはり専門の修理店に相談をしてください。
自分でMacの修理してみようと思う方もいらっしゃると思いますが、Windowsのパソコンと違いMacは複雑ですので注意が必要です。

 

パソコン買取り