MacBook Pro A2289 電源が入らない、ロジックボード修理

MacBook Pro A2289 13インチをお使いの方で、電源が入らなくなってしまった修理依頼がありました。

 

MacBook Pro A2289 電源が入らない修理実績

【故障のお問い合わせ内容】
半年ほど前にMacBook Proの修理依頼をした物です。
また、MacBook が壊れてしまいました。
動画を見ていたら急に電源が落ちてしまったのです。
普通に起動を試しましたが電源が入りません。
ネットで調べた方法で再度試みましたが、起動はしませんでした。
なので、またご依頼致しました。
との事でした。

 

今回のお客様は以前当社の方で液晶パネル割れの修理をさせていただいた方になりますが、今度は電源が入らなくなってしまったのとのことでした。
A2289はMacBook Pro 13インチ 2020年モデルになりますので、認識としてはかなり新しいモデルになります。
電源が入らない場合の多くはロジックボード故障の可能性が高く、メーカーで直す場合はパソコンを買い替えた方が良いくらいの見積もりになってしまうこともあります。
当社ではロジックボード交換ではなく修理を進める方向で調査をいたしますので、修理ができる場合はメーカー見積もりと比較をすると安く直せております。

 

MacBook Pro 電源が入らない修理

ロジックボード修理が完了した状態になりますが、電源が入りデータも問題なく残っていることが確認できております。
ロジックボード修理後は負荷テストなどを行い電源が落ちる事がありませんので修理完了とさせていただきました。

 

MacBook Pro A2289の電源が入らない修理にかかった日数は?

今回のMac修理はMacBook Proはお預かりしてから約一週間で修理完了の連絡ができました。
お見積もりをさせていただく段階で調査が必要になるためにはっきりとした納期はお伝えすることができませんでしたが、比較的早い期間で対応することができたと思います。

ロジックボード修理が必要になる場合は、1日、2日ではなく、数週間かかる場合がほとんどですので納期に余裕を持ってご相談いただければと思います。

 

余談

2016年以降に発売されているMacBook Proはリンゴマークが光らなくなっていると思いますが、一部の機種を除き、SSDがロジックボードに埋め込まれております。
今回のケースでは電源が入る状態までにすることができたので良かったですが、もし修理ができないとなるとデータを取り出すこともできなくなってしまいます。
2015年以前のMacBook Proは電源が入らなくなってしまってもSSDを取り外すことができるのでデータの取り出しは簡単でしたが、今回のMacBook Pro A2289を含め2016年以降は電源が入らなくなってしまうとかなり大変な状況になってしまいます。
ですので、日頃からマメにバックアップを取られた方が良いでしょう。

 

 



“パソコン修理