MacBook Pro A1990 電源が入らない修理

MacBook ProのタッチバーモデルA1990をお使いの方で電源が入らないとの事で修理依頼がありました。

【故障のお問い合わせ内容】
電源が入らない。

MacBook Proの故障で電源が入らなくなってしまう事はよくある事例となりますが、電源が入らないというだけでは故障箇所の特定が難しいために分解調査が必要となります。

パソコンをお預かりし状態の確認をするために電源ボタンを押してもうんともすんとも言わない状態でした。
A1990は本体の蓋を開けるだけで電源が入る構造になっておりますが、画面表示されずトラックパッドのクリック感もありませんでした。
画面が映らなくてもトラックパッドのクリック感があれば電源が入っている証拠になる機種ですね。

A1990 バッテリー膨張、交換

状態の確認するために裏蓋のネジを外して行くといつもよりネジが固い印象があり、もしかするとバッテリーの膨張??と思って蓋を開けるとまさにその通りでした!

A1990は2018年モデルのMacBook Proになりますので2年前のノートパソコンということになりますね。
今までに何度もMacBook Proのバッテリー交換はしておりますが、ちょっと早い気がしますね。
お客様に事情を確認したところ、お仕事で毎日長時間使っているということもありましたので、納得!!とはいきませんね。。

今回のMacBook Pro A1990のように比較的新しいノートパソコンでもバッテリーの膨張はあり得ますので、電源が入らないなどありましたら当社までご相談いただければ調査が可能です。
MacBook Airの電源が入らない修理(水没)はこちらで確認が可能ですので参考にしてくださいませ。

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店