MacBook Air 画面が紫色になってしまった修理

MacBook Airをお使いの方で画面が紫色になってしまったの事で修理の依頼をしていただきました。

【故障のお問い合わせ内容】
落下により、画面全体が赤色になり、縦線が5本ほど走ってる状態になった。
当初は画面をとんとんすると正常にもどることがあったが、現在は見られない。
赤色のスクリーンでデスクトップが覆われているようなかんじである。
外観はこわれたところはない。
修理費用と期間のみつもりをおねがいします。
との事でした。

MacbookAir A1932 画面故障

液晶が紫色になってしまう原因として考えられるのは液晶の故障、もしくわロジックボードの故障が濃厚です。
電源を入れると画面が紫色になっているためにデータがどうなっているか全く分かりませんが、外部モニターに接続をしたところ、紫色ではなく正常な色合いで表示されましたのでロジックボード側の故障というよりは液晶側の故障の可能性が高くなります。
ですので液晶交換をしてどうなるのかといったところですね。

MacBook Air A1932の液晶パネルのみを交換させていただきましたが、正常に画面全体が表示されるようになりました。
何度か再起動を繰り返しても画面が紫色に変わることはありませんので液晶の故障と判断いたしました。

 

MacBook Air 画面が紫色になってしまった修理費用は?

Macの修理内容としては液晶パネル交換となりましたが、対応させて頂いたモデルはA1932となります。
部品代金や作業工賃などすべて含めた総額で4万円台で直すことができました。

 

MacBook Airの修理にかかった期間は?

MacBook Airの液晶パネル交換させていただきましたが、部品の在庫がありましたのでお預かりをした当日に修理は完了できております。

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店