富士通 FH52/D3 FMVF52D3Wの液晶割れ パソコン修理・買取

富士通のm一体型デスクトップパソコンFH52/D3 FMVF52D3Wの液晶割れでパソコン修理の依頼をしていただきました。

FH52/D3は2019年に発売された一体型デスクトップパソコンになりますが、CPUはCeleronのために物足りなさを感じるかもしれませんが、SSDが512GBが標準仕様となっておりますね。
高年式ということもありますが、液晶割れで買い替えするよりは直した方がコストパフォーマンスは現時点では良さそうです。

富士通 FH52/D3 FMVF52D3Wの修理実績

【故障のお問い合わせ内容】
パソコン画面の割れ。
電源は入る。 
液漏れは無し。

FH52/D3 修理

液晶割れにより部分的に黒くなっておりますが、ほとんどの部分ではWindowsが起動していることが確認が出来ました。
データに関しては問題なくパソコン内部に残っていることからハードディスクなども問題ないことがわかります。
これらのことからパソコン修理の方法としては液晶パネル交換だけで対応できると思います。

富士通 FH52/D3の液晶パネル交換のみさせていただいた状態ですが、画面全体がしっかりと映るようになりました。
データに関しては残した状態で返却の続きを行いますので、お渡し後はすぐに使える状態になっております。
当社でパソコンの修理を行う場合データに対しては触れることはありませんのでご安心下さいませ。

 

富士通 FH52/D3のパソコン修理にかかった期間は?

今回の一体型デスクトップパソコンの修理は部品を海外取り寄せをした関係もありますが、お預かりをしてから約10日程かかりました。
部品の在庫があれば1時間程度の短い内容で対応することができますので、お急ぎの場合は在庫確認を含め一度ご相談いただければと思います。

 

富士通 FH52/D3のパソコン買取も可能

当店はパソコン修理店になりますが、壊れてしまったパソコンの買取も行なっております。

今回のような富士通 FH52/D3に液晶割れがある状態で通常の買取店に買取査定をお願いすると、ジャンク品扱いという形になってしまい、思ったような買取金額にならないかと思われますが、当社では使えるパーツとしての査定を行うために減額査定でお悩みの場合は一度当社で買取査定の依頼をして頂ければと思います。

 

保険を使ってパソコンが直せるのは知ってますか?

今回のように富士通 FH52/D3が壊れてしまった場合でも、保険(火災保険(家財保険)、損害賠償保険、旅行保険など)に加入していれば直せる可能性があります。
当社での経験上ですと、保険を使ったパソコン修理をされた実績は多くありますが、それらの保険に加入している方で万が一パソコンが壊れてしまった場合は一度保険会社様に確認をされる事をお勧めいたします!

 

 




“パソコン修理