富士通 AH42/Sのパソコン修理 画面に線が1本入った!

富士通のノートパソコンAH42/Sの画面に線が1本入ってしまったとの事でパソコン修理の依頼をしていただきました。

【故障のお問い合わせ内容】
通常使用をしている中でパソコンの画面中央に縦線が1本入るようになってしまいました。
再起動をかけたり電源をオン、オフしても変わらないために画面の故障ではないかと疑っております。

パソコンの画面に線が入ってしまう原因はいろいろとありますが、ほとんどの場合はディスプレイ自体の故障です。
こちらで色々な線が入った症状の確認ができますので参考にしてくださいませ。

 

ノートパソコンお預かりし状態の確認をするために電源を入れさせていただきましたが画面中央に白い線が1本だけ入っていることが確認できました。
角度を変えたり電源のオン、オフを繰り返しても全く消えることなく表示されますので故障であることは間違いありません。

画面に線が入ってしまう場合、自分で故障の切り分けをある程度することができますが、外部ディスプレイをお持ちであればHDMIケーブルやD-Subケーブルにて接続をしてみてください。
外部ディスプレイ側で線が表示されてしまうようであればマザーボード側の故障の可能性が高くなりますが、外部ディスプレイで正常表示されるようであれば液晶パネルの故障の確率が圧倒的に高くなります。
今回のケースでは外部ディスプレイ側では線が表示されないために液晶パネル交換をしていきたいと思います。

富士通 AH42/Sの液晶パネルだけを交換させていただきましたが画面から線がなくなり正常表示されるようになりました。
ですので、今回の故障原因は液晶パネルがあったことがわかります。
また、液晶パネル交換をすることでデータが消えることはありませんのでご安心下さいませ。

 

富士通 AH42/Sの画面に線が入った修理にかかった日数は?

修理内容としては液晶割れなどと同じ液晶パネル交換となりましたが、部品の在庫がありましたのでパソコンお預かりした当日に作業が終了し完了のご連絡が出来ております。
当社は千葉県にあるパソコン修理店になりますが、持ち込みできる場合で部品の在庫があれば30分程度の短い時間で対応することができますのでお急ぎの場合は予約をしていただいた上でご来店いただければと思います。

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店