液晶修理でデータが消える事はありません!

液晶修理をするとデータは消えるのか?

データが消える!というのはあくまでも噂です。

以下で実際にノートパソコンの液晶交換をしてみてデータが消えるのか、消えないのか検証しておりますが、「パソコン修理で内部のデータは消える、残る?」を疑問に感じる場合は以下の内容が参考になるかもしれません!

液晶パネル交換(液晶修理)をする理由として考えられるのは、パソコンをぶつけた、落としたなどによる液晶割れが大半を占めると思いますが、その場合はパソコン自体に衝撃が加わったことによる故障となります。
データはパソコン内部にあるハードディスクと呼ばれるパーツにデータは入っているので、衝撃が加わると少なからずダメージを受けてしまう場合がございます。
ハードディスクがクラッシュ(故障)するとデータが消えると言うよりは、取れなくなるといった所でしょうか。

メーカー、家電量販店と当社のデータ取り扱いの違い

一度でもメーカーにパソコン修理の依頼をした事があるようでしたらデータが消えるといった事を経験している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
パソコン修理先の候補として考えられるのはメーカーパソコン購入店家電量販店当社のような民間の修理店が挙げられます。
当社に初めて修理の依頼をして頂く方にデータが消えるのか聞かれることもよくありますが、
結論から言ってしまうと当社でデータを故意に消去することはありませんので、消えることはありません。
今となってはiPhone修理店が全国各地にありますが、1度くらいはiPhoneの液晶修理でお世話になった事はあるのではないでしょうか?
その際にデータはそのままの状態で返却されている事がほとんどかと思いますが、パソコン修理も全く同じことが言えます。
要は修理に出すとデータが消えてしまうというのではなく、消されてしまう!と言った言葉が正しいのです。

メーカーや家電量販店などではなく、民間のパソコン修理店で故意的にデータを消すといった事はおそらくないと思いますが、パソコン修理店によって内部事情が異なると思いますので、パソコン修理の依頼をする場合はデータをどうするのか確認をされた方が確実ですね。

 

当社はパソコン修理店となりますが、iPhoneやスマホ、タブレットにも同様の事が言えますので、データが消えるといった事でお悩みでしたら以下の内容を参考にしてくださいませ。

 

実際に液晶修理をしてデータが消えるのか検証しました!

まずは以下の画像を確認してください。

このパソコンはMacBook Air 13インチの液晶割れによるものですが、当社に実際に修理の依頼があったパソコンとなります。
画面の右側に白い帯のようなものが入っていることが確認できますが、右下に液晶割れがあることにより起きてしまった液晶のトラブル事例です。

液晶割れによりモニターが故障しておりますが、白い表示不良以外の左側部分では正常にMacのログイン画面が確認できております。
ですので、現時点では消える事なくパソコン内部にデータがしっかりと残っている事が確認ができる状態ですね。
この状態でデータが残っている事がわかるようでしたら、液晶修理でデータが消えることは99%ありません。

修理方法としては液晶交換をしただけとなりますが、データは消える事なくしっかりと残っていることが確認できます。

当社で液晶修理を行う場合は今回のようにデータを残した状態でパソコン修理を進めますので、返却後は今までと同じ環境(データ)でパソコンを使うことができるようになっております。

修理前の画像でデータが残っていることが確認できているので液晶交換をしただけではデータが消えないということが分かるかと思います。
メーカーや家電量販店の一部では故意的にデータを消してしまうことがあるために、おそらくデータが消える!といった噂が広まっているのかと感じます。

 

以下は先ほどの故障事例と異なり画面全体が見えない場合です。

液晶割れによりパソコン修理の依頼となりましたが、画面の状態を確認するために電源を入れると液晶割れによるインク漏れ、表示不良、線が確認できました。
先ほどのMacBook Airと状況は異なり全く内部のデータの確認ができない状態です。
MacBook Airの場合は一部のみが表示不良となっていたために、すぐにデータが残っていることが確認できましたが、このようにディスプレイ全体が見れなくなってしまうとデータが消えてしまっているのではないか??と心配になることは多いと思います。

画面全体が見れなくなってしまった場合に自分でデータが消えているのか、残っているのかを確認をする方法がございます。

外部モニターに接続する方法

画面が全く見れなくなってしまった場合は外部モニターに接続をすることで自分でデータが残っているかのチェックを行うことが容易にできます。
もし、外部モニター側でいつもの画面を確認することができるようでしたらデータが消えている事はありませんのでひとまずご安心いただければと思います。
ですので、画面全体が見えなくなってしまった場合でもデータが残っていることがわかるかと思います。

先ほどの画面全体が見れなくなってしまったパソコンの液晶パネルのみを交換させていただきましたが、正常に画面全体が映るようになりました。
データに関しては当社の方で初期化などはせずにそのまま残した状態でパネル交換だけをしておりますので今までと全く同じ環境でパソコンを使うことができるようになっております。

液晶修理をした場合の2つの事例を紹介させていただきましたが、どちらのケースでもデータが消えることなく正常に使える状態になっております。
ただし、今回の2つの事例は液晶パネルのみの故障であり、ハードディスクは正常に動作していた場合です。
衝撃により液晶が壊れてしまった場合はハードディスクに影響が出る場合もございますが、その場合はデータが消えているのではなく、ハードディスク自体が壊れている、壊れかけているためにうまくデータの読み出しができないと言ったパターンです。
データがうまく読み込みできない場合はデータ復旧という方法がありますが、 データ復旧を行う場合はハードディスク自体を調査してみないとデータの取り出しができるかは分かりません。

 

iPhone、スマホ、タブレットなどの場合はデータはどうなるのか?

上記はパソコンの液晶修理をした場合にデータが消えるのかの検証をいたしましたが、iPhone、スマホ、iPad、タブレットなどについても軽く触れてみたいと思います。

まず、これらの端末がパソコンと大きく違うのはデータの格納場所です。
パソコンの場合はハードディスク単体で取り外しができるような構造になっているのがほとんどですが、iPhone、スマホ、iPad、タブレットなどはマザーボード、ロジックボード (基板)にデータ格納場所(NAND)が直接埋め込まれている事がほとんどです。
ですが、どちらも液晶とハードディスクは直接関係のない部分になりますので、スマホやタブレットなどで液晶交換をした場合にデータが消えるといったことはないです。

Androidスマホ、タブレットなどはmicroSDなどが別で入れられる構造になっているのでデータの扱いはしやすいですね。
最近ではクラウドでバックアップをとるのが主流になりつつありますが、パソコンやスマホのデータについてあまり詳しくない場合はクラウドサービスを使うのも一つの方法です。
クラウドの場合は勝手にバックアップを取ってくれるのでデータが消えることはまずありません。

 

高年式のMacの場合は注意が必要

液晶が割れたからといってデータが消えることはない事は上記の内容で分かったかと思いますが、画面割れは落下や衝撃による故障がほとんどです。
液晶割れのついでに電源が入らなくなってしまうケースは少なからずありますが、高年式のMac(2016年以降発売)になると注意が必要です。
一般的なノートパソコンですとデータの入っているハードディスク、SSDは取り外しができるものが多いですが、年式の新しいMacになるとデータ格納場所はロジックボードに埋め込まれているので、ハードディスクやSSDの取り外しという事ができません。
ですので、データが消えているという事ではなく、データを取り出すには電源が入る状態にロジックボードの修理をするしか方法はありませんが、費用的にはかなり高額になってきます。
また、重症になってくると状況次第ではロジックボードの修理ができない場合もありますので、その場合はデータを諦めるしかないです。
そのような緊急事態に備え、高年式のMacをお使いの方は、iCloudやクラウドストレージを活用する、もしくはタイムマシーンなどで日頃からバックアップを取るようにした方が良いです。

 

まとめ

液晶修理でデータが消える!といった噂は今回の説明でなんとなくご理解いただけたかと思います。
パソコン内にあるデータを残した修理方法を行うのは店舗によって異なると思いますので、修理の依頼をする場合は店舗に確認をされた方が確実です。

また、今までに何万件とパソコン修理をさせて頂いておりますが、日頃からデータのバックアップを取っている方は全体の1割程度といった印象です。
パソコンの液晶修理でなくてもデータが突然消えると言った事はあり得る話ですので、日頃からデータのバックアップを取る習慣をつけた方が良いでしょう。

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店