富士通 パソコンの画面が暗い、うっすら、見えない修理


富士通のノートパソコンNF/B70の画面が暗いとの事でパソコン修理の依頼をしていただきました。
NF/B70は2008年に発売されたモデルでWindows Vistaを搭載した機種になりますが、今となっては10年くらい前のノートパソコンですね。

【故障のお問い合わせ内容】
電源を押すとランプ関係は点灯するので電源は入っていると思いますが、画面が暗い状態のまま正常に映りません。
少し古いパソコンですが、今まで特に不自由なく使っておりましたが、ついに故障したような気がします。
データも大量に入っているパソコンのために、安く直せるようでしたら修理をしていただきたいです。

 

以下の画像は富士通のパソコンをお預かりし電源を入れた状態になりますが、確かに画面が暗い状態で何が映っているのかわからない状態でした。
ただしこれでも電源ランプは付いているので電源自体は入っている模様です。
このように画面が暗い状態になってしまうと全く操作することができないと思いますが、その場合は外部モニターに接続をすることで現在のパソコンの状態を別のモニターで確認することが可能です。
外部モニター側で正常に表示されデータの確認ができるようでしたらデータは残っておりますのでパソコン修理をすれば今までのように使うことが可能です。
外部モニターとはテレビやデスクトップ用のモニターなどを指しますが、本来は大画面で使うために接続据えることが多いですが、このようなトラブルにも対応できるので1台あると便利ですね。

パソコンの画面が暗い


調査をした結果、富士通NF/B70の液晶内部にあるバックライト故障が原因であることが判明いたしました。
画像が小さくわかりづらいと思いますが、キーボードの上に置いてある細長い物がノートパソコンに使われているバックライトです。
家庭でいう蛍光灯に当たりますが、ノートパソコンの場合は簡単に交換する事ができないために自分でバックライト交換をするのはかなり大変です。
画面が暗い場合はバックライト交換をすれば直るというわけではなく、この辺りの年式のパソコンの場合はインバーター故障が原因といった事もありますので、画面が暗い原因を追求するのに時間がかかることもございます。
また、画面が暗い場合でもバックライト交換ができる機種、できない機種というのもあり、2010年以降のノートパソコンの場合はほぼバックライト交換ができないために、バックライト故障が原因で画面が暗い場合は液晶パネル交換になってしまいます。
ですのでバックライト交換の場合は修理代金はほぼ固定ですが、液晶パネル交換になってしまうと機種によって使う部品も全く異なるために修理代金も大きく変わることもございます。




富士通NF/B70の組み上げをし再び電源を入れた状態です。
データが大量にデスクトップ画面にあるためにモザイクをかけておりますが、今までと全く同じようにパソコンを使うことが可能です。
バックライト交換をした場合は1日、2日程度その後の様子を見させて頂きますが、負荷テストなどをし問題なければ修理は完了となりお客様にご返却となります。




パソコンの画面が見えない、暗くなった時に修理をするとデータは消えてしまうのか?

画面の故障によるものでしたらハードディスクのデータはそのまま残ります。
ですので画面の修理だけをすれば今までと全く同じ環境でパソコンを使うことができます。
パソコンの画面が暗い修理実績も非常に豊富にありますが、いずれもデータはそのまま残した状態で修理をしておりますのでデータを消されては困る方はご安心くださいませ。
当社で画面修理をする際はお客様のデータを消すことはありません。

 

画面が暗い場合でバックライト交換すると修理代金はいくら?

部品代金、工賃などを含めた合計金額で約2万円です。
液晶交換になってしまうと機種別で修理代金は異なりますので、見積もり希望の場合はメーカーと機種名をお知らせ下さい。





液晶修理センター 八千代店


液晶修理センター 船橋店