MacBook Pro A1278 画面の表示不良の修理

今となっては少し旧モデルのMacBook ProとなってしまったModel.A1278ですが、画面の表示不良の修理依頼がありました。

【故障のお問い合わせ内容】
液晶ディスプレイの右側半分が縦線や砂嵐で見えない状況(表示不良)です。
ジャンク品として知人から譲り受けたもので、画面半分の状態で初期化まではできたので、液晶の不良のみと思われますが、修理する場合どのくらいの費用が必要でしょうか?
表面ガラス部分に破損は無さそうです。
との事です。

A1278 画面の表示不良

A1278は2012年まで発売されたMacBook Proを代表するノートパソコンですが、液晶が2層構造に分かれております。
表面のガラスと内側の液晶パネルに分かれておりますが表面のガラスはケーブル関係が一切ないために保護ガラスといった印象です。
今回は内部にある液晶パネルの不良により表示不良が発生しておりますので分解をして内部の液晶パネルのみを交換していきます。

MacBook Pro A1278の液晶パネルのみを交換させていただきましたが、表示不良はなくなり正常に画面全体が映るようになったことがわかります。

A1278は2010年前後に発売があったノートパソコンとなりますが、iPhoneの需要と同時に最も売れたAppleのノートパソコンかと感じております。
今でもA1278を使われている方は非常に多く、修理の依頼もあるようにメモリの増設やハードディスクをSSD化することで現役機種としても使うことができますね。

当社ではMacBook Pro A1278の液晶修理以外にもキーボード修理や水没などによるロジックボード修理も受付しておりますので、修理先にお困りでしたら当社までご相談下さいませ。
少し古いMacBook Proでも部品の在庫があれば対応可能となります。

 

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店