ASUSのパソコンが故障!修理代金はいくらかかる?

ASUSは台湾に本社を置くパソコンメーカーですが、日本国内で非常に人気が高い為に、所有されている方、名前だけでも知っている方は多いのではないでしょうか?
ASUSで特に人気のあるノートパソコン、タブレットは当社でもトップクラスの修理実績があるメーカーになっておりますが、タブレット修理としてはiPadに次ぐ修理依頼数がございます。
販売台数が多い分、故障による修理依頼があるという事ですが、ASUSは故障しやすいという噂もありますのでそのあたりを確認していきたいと思います。

 

ASUSのパソコンはなぜ人気が高いのか?

理由は色々と考えられますが、最終的に行き着くところはおそらく価格です。


日本国内で発売されているメーカー(NEC、富士通、SONY、東芝)は大型家電量販店で必ずと言って良いほど展示されておりますが、ASUSなどの海外メーカーはそれほど多くはありません。
昔はパソコンを購入するといったら店頭で実機を確認しそのまま購入するのが一般的な流れでしたが、現在はパソコンやiPhone、スマホでインターネット経由で簡単に購入が可能になりました。
有名なサイト価格.comでパソコンの売れ筋、注目、満足度ランキングを調べてみると50%以上が海外メーカーでした。
国内メーカーの場合はOffice系のソフトや年賀状ソフトなど後からでもインストールする事ができるソフトが最初から入っている印象がありますが、ASUSなど海外メーカーのほとんどがインストールされておりません。
この辺りの事も値段に影響が出ていると思いますが、インターネットやメールなどができれば良いという方であれば間違いなくASUSや海外メーカーのパソコンを購入された方が費用対効果が高いと思いますね。

 

ASUSのパソコンは故障しやすいのか?

まず、ASUSを所有された方が多い事で修理の依頼も非常に増えておりますが、壊れやすいといった事ではありませんのでご安心ください。
パソコンは色々なパーツが組み合わさって作られておりますが、液晶に絞って説明をするとすればNEC(国内メーカー)でもASUS(海外メーカー)でも使われている液晶パネルが全く同じという事はよくあります。
ですのでASUSのパソコンが故障しやすいといったことはあくまでも噂に過ぎないでしょう。
明らかに違うところとすればマザーボードになりますが、この辺に関しても長期間全く故障しないで使えている人もいますので一概にASUSは故障しやすいといった事もないと思います。
ASUSはウルトラブック、特殊パソコンも多くリリースしていて液晶がかなり薄いパソコンも多く存在します。
自然故障によるものではなく、パソコンの落下など自分で故障させてしまうケースも多い事で壊れやすいと思われがちなのではと感じます。

以下の画像は実際にパソコン修理をさせて頂いたASUSのノートパソコンX550Cになりますが、画面が故障している事がわかります。
3分の1で正常に映っている事がわかりますが、データに関しては問題なく残っておりますのでこの場合は液晶パネルの交換をしていきます。


液晶パネルのみを交換させていただきましたが正常に表示されている事がわかりますね。
ちなみにX550Cに使われている液晶パネルは他のメーカーでもかなり多く使われている汎用品になっており、現行機種の富士通、NECなどの国内TOPブランドも同じ液晶パネルが使われている機種があるくらいです。




ASUSのパソコン修理(液晶交換)にかかる修理代金は?

上記の場合は画面のみの故障ですので液晶パネル交換のみとなりますが、当社での修理代金の総額は部品代金、工賃を含め2万円台となっております。
メーカーや大型家電量販店で今回の修理依頼をするとおそらく倍以上の修理代金がかかると思われますので格安に直す事は難しいと思います。
ASUSに限らずどのメーカーでもメーカー修理代金の半額から3分の1程度の費用で直せている気がしますね。
メーカーや家電量販店で高額な修理代金の見積もりが出てしまった場合は当社で格安に直せる可能性がありますのでお気軽にご相談くださいませ。

asusのパソコン修理はこちら