Acerのパソコンで画面がつかない、映らない場合の確認項目


Acerのパソコンをお使いの方で突然画面が映らない症状になってしまった事はないでしょうか?
画面が映らないとパソコンの操作が何もできなくなってしまう為に非常に困ってしまうと思いますが、確認すべき項目を何点か紹介したいと思います。

 

画面が映らない場合に簡単にチェックができる項目

パソコン本体が壊れている場合は自分で直すのは難しいと思いますが、意外とACアダプタが壊れていただけなんて事もありますので確認をしておきたい所です。
部屋のコンセントが壊れていたというお話も聞いた事はありますが、自分で確認できる部分は確認をした方が無駄なお金を使う事はないでしょう。

  • 電源ジャックがグラグラしている
  • ACアダプタ、メガネケーブルが壊れている
  • バッテリーが膨張しているように感じる
  • 電源ボタンを押しても全く反応がない

上記の項目に1つでも思い当たる事があれば自分で修理する事は難しいために、パソコン修理店に相談されることをお勧めいたします。

 

Acerの画面がつかない、映らない場合でも電源は入っておりますか?

電源が入っているかの確認として一番簡単な方法は、電源ボタンやバッテリーの充電ランプなどが点灯、点滅しているかどうかです。
また、FAN通気口から風が出ているか、通気口周辺に耳を当て何かが動いているかである程度は状態の確認が可能です。
明らかにパソコンの電源が入っていないようでしたら画面がつかない、映らない原因は液晶周りではなく、本体側(マザーボード、電源周り)の故障の可能性が高くなっておりますので修理が必要です。

 

画面がつかない、映らない場合でもうっすらと映っている場合

電源が入っている感じはするが、画面が正常に映らないなんて事もございます。
パソコンの液晶自体が壊れてしまっていたり、バックライト切れになってしまうと明るく表示されないために、うっすらと表示されているだけの状態になってしまいます。
この場合もどこかが故障しているためにパソコン修理が必要になりますが、うっすら映っているだけでは故障箇所の特定は難しくなっております。
一般的に画面がうっすら表示の場合はバックライト故障、インバーター故障の可能性がありますが、マザーボード故障という可能性もありますので分解調査が必要です。

外部モニターに接続し正常に映るようでしたらマザーボード故障というよりは液晶側の故障の可能性が高くなりますので、液晶交換などの修理が必要となります。

 

Acer(メーカー)で画面がつかない、映らない修理をした場合はいくらかかるのか?

液晶交換をした場合の価格で言ってしまうと機種によりますが5万円以上はしてくるのではないでしょうか?
万が一故障箇所がバックライトの場合でもメーカー(Acer)ではバックライト交換だけはしていないために修理方法は液晶交換になってしまいますので費用は自ずと高額になってしまいます。

 

画面がつかない、映らない症状を当社で修理した場合はいくらかかるのか?

液晶交換、マザーボード修理などでパソコン修理にかかる費用は異なりますが、
Acerの場合は2万円台で液晶交換ができている事が非常に多いです。
特殊な液晶が使われている場合は例外となりますが、それでもメーカー修理よりは格安になっていると思われます。
マザーボードが故障していた場合、メーカーではマザーボード交換のみとなりますが、
当社で分解調査をしマザーボード交換ではなく修理ができるとなった場合はやはりメーカーの修理代金と比較をすると安くなっておりますね。

 

まとめ

電源が入っているのに画面が映らないという内容はよくありますが、
故障の疑いがある箇所はメモリ、ハードディスク、マザーボード、液晶といったように大きな範囲になってしまいます。
自分で修理をするには難しい内容になりますので、画面がつかない、映らない場合は修理店に相談をしてくださいね。

また、Acerは新品購入時の価格が他のメーカーに比べると安い為に、予算に合わない場合は今後を考えると買い替えを視野に入れた方が良いですね。

 

Acerのパソコン修理詳細はこちら