Panasonic Toughbook CF-18 修理 液晶、キーボードの故障


 

PanasonicのノートパソコンToughbook CF-18 CF-18KW1AXSの修理をさせて頂きました。

 

【故障のお問い合わせ内容】
PCのモニタ画面が揺れて乱れる症状があります。
また、PCのキーボードが異常で、入力キーと出力の不一致が起こっています。
外付けモニタ、外付けキーボードにした場合には問題これらの点には問題ありません。
2005年前後製の古いPCですが、インターネットに繋がずに使用しているもので、上記モニタだけでも正常化できればと希望しています。
当方、国立の研究機関でございまして、仮に修理をお願いできることになったとき、校費によるお支払いを希望しております。
御社については、弊所の契約担当からお取引の実績がある会社として紹介をうけました。
マザーボード交換等が必要かもしれません。
このPCにインストール済のソフトを今後も使用したい事情がございまして、ハードディスクの初期化は希望しません。
それ以外にできる対処での修理を希望いたします。
との事でした。

 

Toughbook CF-18はお問い合わせにもあるように2005年あたりに発売された今となっては10年以上前のパソコンになりますが、今でも修理の依頼がある機種です。
見た目はG-Shock (時計)のような形をしており、かなり頑丈な作りになっているノートパソコンです。
一見昔のパソコンに思えますが、2016年あたりにも新しい機種が発売されておりますので人気シリーズなのかもしれませんね。

 

CF-18 修理

 


CF-18のパソコン修理内容ですが、液晶パネル、タッチパネル、キーボードの交換をさせて頂きました。
最近のノートパソコンはプラスチック製に対し、鉄とも言えそうなかなり強度のある材質で作られているために重量はありますね。
今回のパソコンに使った部品は中古になりますが、新品部品はすでに買えませんので中古で正常に使えるものを選定しパーツの交換をさせて頂きました。

 

 

Toughbook CF-18のパソコン修理にかかった期間は?

少し前のパソコンのため部品が流通していないこともありパーツ探しに1週間ほどかかりました。
部品が到着した日に作業は全て完了しておりますのでトータルの修理期間は約1週間程度になっております。

 

Toughbook CF-18はメーカーで直せるのか?

おそらくメーカー受付は終了しているために当社のmような一般の修理店でしか直すことはできないと思います。
ですが、一般の修理店でもWindows XPあたりのパソコン修理をしてくれる所になると極端に数が減ってしまいますので万が一Toughbookが故障してしまった場合はお気軽に当社までご相談くださいませ。

 

Panasonicのパソコン修理実績はこちら





液晶修理センター 八千代店


液晶修理センター 船橋店