DELL PRECISION M4700 画面のドット抜け 液晶交換 修理・買取

DELL PRECISION M4700のパソコン修理の依頼をしてくださいました。

 

DELL PRECISION M4700の修理実績

【故障のお問い合わせ内容】
立ち上げた際、突如、画面上に2センチ程(横線)ドットが欠けてしまっている。
そのため液晶交換が可能であるか確認をお願いします。
交換可能であれば見積もりもお願いします。

PRECISION M4700 修理

今回のパソコン修理は新潟県からの依頼となりましたので、当社の千葉県までは宅配便を使って送っていただきました。
ドット抜けということですので、「1mm x 1mm程度のドット抜けがある程度」と思っていましたが、実際にパソコンの電源を入れてディスプレイの状態を確認すると、ドット抜けというよりは液晶の劣化と感じました。
筆で書いたような黒い線は今回のDELLのノートパソコン以外でも意外とよくある症状で、特にパナソニックのレッツノートシリーズでは多く見られる印象があります。
今までの修理実績から判断すると液晶パネル交換で改善してる確率がほとんどですので、今回もおそらくパネル交換で対応できるでしょう。

DELL PRECISION M4700の液晶パネル交換のみをさせて頂いた状態ですが、ドット抜けのような黒い筋はきれいになくなったのが確認できました。
今回のパソコンは黒い線が2cm程度発生していただけで、他の部分では正常に表示されておりました。
また、データに関しては全く問題なく残っておりましたので、修理完了後もデータはそのままの状態で連絡をいたします。

DELL PRECISION M4700はワークステーションと呼ばれており、DELLのパソコンとしてはかなり高いスペックとなっております。
極端に古いパソコンでなければ今回のように修理をされ再度パソコンとして使った方がコストパフォーマンスが良い場合もありますが、他店で高額のお見積もりをされてしまった場合は一度当社の方までご相談いただければと思います。

 

DELL PRECISION M4700の液晶パネル交換にかかった期間は?

新潟県より宅配便を使って送っていただいたこともありますが、修理完了まではPCをお預かりをしてから2泊3日となりました。
持ち込みではなく宅配修理の場合はどうしても送付期間がありますのですぐにお渡しとはいきませんが、2泊3日は比較的早い期間で直せていると感じますので、他県からの依頼でもお気軽にご相談いただければと思います。

 

DELL PRECISION M4700の買取も可能

当店はパソコン修理店になりますが、壊れてしまったパソコンの買取も行なっております。

今回のようなDELL PRECISION M4700に画面の劣化がある状態で通常の買取店に買取査定をお願いすると、ジャンク品扱いという形になってしまい、思ったような買取金額にならないかと思われますが、当社では使えるパーツとしての査定を行うために減額査定でお悩みの場合は一度当社で買取査定の依頼をして頂ければと思います。

 

保険を使ってパソコンが直せるのは知ってますか?

今回のようにDELL PRECISION M4700が壊れてしまった場合でも、保険(火災保険(家財保険)、損害賠償保険、旅行保険など)に加入していれば直せる可能性があります。
当社での経験上ですと、保険を使ったパソコン修理をされた実績は多くありますが、それらの保険に加入している方で万が一パソコンが壊れてしまった場合は一度保険会社様に確認をされる事をお勧めいたします!

 





“パソコン修理