ドスパラ Critea DX-K H3の液晶修理 画面割れ

ドスパラのノートパソコンCritea DX-K H3の画面割れでパソコン修理の依頼をして頂きました。

【故障のお問い合わせ内容】
液晶割れ。
15.6インチ ドスパラのノ-トPC diginns Critia DX-K H3です。
との事でした。

 

ドスパラのノートパソコンは修理実績としてはありますが、こちらの機種は初めて修理をさせていただく機種となりました。
ですのでどんな液晶部品が使われてるかお問い合わせの時点では不明でしたので、分解調査の見積もりをさせていただく流れとなりました。

 

Critia DX-K 画面割れ

 

ドスパラ Critea DX-K H3のパソコンを宅配便が使って送っていただきましたが、電源を入れると画面全体が表示不良になっておりました。
黒いインク漏れがありそこ以外は全て真っ白になっておりました。
衝撃が加わったことが原因となり、このようになってしまうとデータが無事なのか心配になるかと思いますが、その場合は外部モニターに接続をする事で現時点のデータの状況を確認することが可能となります。 

外部モニターに接続すると正常にWindowsの起動画面を確認することができましたのでデータは無事であることがわかりました。
ですので、ドスパラ Critea DX-K H3のパソコン修理の方法としては液晶パネル交換のみで完了予定となっております。

 

 

液晶パネル交換をさせていただきましたが正常に映るようになりました。
また、使われていた液晶パネルは特殊な液晶ではなく汎用部品になっておりました。
液晶は高高解像度のFULL HDとなっておりましたが、すぐに画面交換をすることができパソコン修理を完了することができております。

 

ドスパラ Critea DX-K H3の液晶修理にかかった修理金額は?

パソコンをお預かりするまで見積もりが出ませんでしたが、分解をすると汎用品のパーツが使われている事が判明いたしました。
商品代金と作業工賃、消費税を含めた総額で2万円台で直す事ができております。 

パソコンの液晶修理は数あるパソコン修理の項目の中では最も高額な内容となっております。
普通に5万円から10万円という高額な修理代金になってしまうこともありますので、少しでも安いパソコン修理をご希望であればお気軽にお問い合わせを頂ければと思います。
その他のドスパラのパソコン液晶修理実績はこちらを参考にしてください。

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店