MacBook Air (M1,2020) A2337の液晶割れパネル交換 修理・買取

MacBook Air 2020年式 A2337の液晶割れでパソコン修理の依頼をしていただきました。

2020年式の大きな特徴は、今まではintel MacでしたがM1チップに変更されたところでしょうか。
M1チップに変更された事で今まで問題なく使えていたソフトが使えなくなった!といったデメリットこそありますが、以前に比べると速度がアップした気がしますね。

 

MacBook Air 2020の液晶修理に対応しております!

まだ発売されてから数カ月程度しか経過していないMacBook Airですが、画面が割れて修理先をお探しであれば当社で対応可能です。
以下で修理実績の確認ができますので参考にしていただければと思います。
液晶割れは保証があっても適用外になる事がほとんどです。

 

MacBook Air 2020 M1 モデルの修理実績

【故障のお問い合わせ内容】
PCを閉じた際に何か挟まっており、液晶に不具合。
画面中央、横幅2センチ、縦全幅にかけて液晶が映らない。
との事でした。

MacBook Airをお預かり後に状態を確認させていただきましたが、真ん中に黒い線が入っていることがすぐに分かりました。
また、ほとんどの部分でデータが残っていることが確認できますのでデータの初期化などはせずそのまま残した状態で液晶交換をしていきたいと思います。
Apple M1ですが、最新OS Big Surがインストールされていますね!

MacBook Air (M1,2020) A2337モデルの気象パネルのみを交換させていただきましたが、正常に画面全体が映るようになりました。
データに関してはそのまま残した状態でパネル交換だけをしておりますので返却後はすぐに今までの環境で使うことができます。

今回修理をさせて頂いたMacBook Air (M1,2020)は現時点(2021年3月)では最新モデルとなりますが、修理に対応している店舗もあまり多くはないと思いますので、修理先にお困りでしたらお気軽にご相談いただければと思います。
M1モデルが発売されたのが2020年11月でしたが、発売から4ヶ月後に初めての修理依頼となりました。

 

MacBook Air (M1,2020) A2337の修理にかかった日数は?

今回のMacBook Airの修理ですが液晶パネルの在庫がないので取り寄せをさせていただきました。
もちろん国内では入手ができないので海外取り寄せをした関係で入荷までに1週間程度かかりましたが、部品が到着した日に修理自体は完了となりましたのでお預かりから約一週間で完了となります。
また、今回がMacBook Air A2337 M1モデルとしては初めての修理となりましたので、部品の取り寄せが必要でしたが、部品の在庫がある時に持ち込みができるようでしたら最短で当日修理も可能な場合がありますので、お急ぎの場合はお気軽に店舗までご相談いただければと思います。

 

MacBook Air (M1,2020) A2337で液晶割れをした場合、保証が使えるのか?

現行型のMacBook Airを購入される場合はまだ中古ショップなどではまだあまり在庫がないと思いますのでほとんどの方は新品で購入されていると思いますが、通常ですと1年間の保証があるかと思います。
ただし液晶割れに関しては自己責任という扱いになってしまうので保証が適用されるケースはほとんどありません。
メーカーや購入をしたショップに見積もりを取って頂ければわかりますが、非常に高額な修理代金になると思われますので格安に直せる店舗をお探しであれば一度ご相談いただければと思います。

現時点ではすべてのMacBook Airの液晶割れの修理に当社では対応しております。
修理実績もかなりの台数がありますので修理の際はお問い合わせ頂ければと思います。

 

MacBook Air A2337(2020)の買取も可能!

現時点(2021/3)では発売されてからまだ数ヶ月しか経過しておりませんが、それでもふとした時に故障してしまうこともあるかと思います。
メーカーに修理の見積もりを取ったが保証適用外とのことで高額な見積もりになってしまうことも考えられますが、壊れてしまったMacBook Airの買取を当社で行なっております。
故障してしまったMacBook Airの買取先をお探しであれば当社まで一度ご相談いただければと思います。

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店