画面に黒い線が入ったMacBook Pro 2017の修理

Apple のノートパソコン MacBook Pro 2017年モデルをお使いの方で、画面に黒い線が入ったという理由でパソコン修理の依頼をしていただきました。

【故障のお問い合わせ内容】
物を挟んでディスプレイを閉じたことによって液晶に不具合がおきてしまった。
との事でした。

 

画面に黒い線が入ってしまう原因とは?

Macに限らずWindowsのパソコンでも共通することですが、モニターに黒い線が入ってしまうことがあります。
画面に黒い線が入る理由ですが、液晶自体の故障、もしくはロジックボードの故障、液晶ケーブルの故障に分かれます。
最も多い故障原因としては、画面自体の故障の確率が今までの修理実績からすると多い印象がありますが 、特に何もしていないのに突然画面に黒い線が入った!といった問い合わせもございます。
ディスプレイの劣化により画面に黒い線が入る、パソコンをぶつけたことで画面に線が入ってしまった場合などがありますが、どちらにしても故障しているという事には変わりがないために修理が必要となります。

以下でMacBook Proの画面に黒い線が入ってしまった修理を紹介しておりますので参考にしていただければと思います。

 

MacBook Pro 画面に黒い線

MacBook Pro 2017年モデルをお預かりし電源を入れさせて頂いた状態になりますが、画面中央に横幅5cm程度の黒い線が発生していることが確認できました。
他の部分では正常に見れておりますのでデータに関しては問題ないことが確認できます。
今回画面に黒い線が発生してしまった原因はお問い合わせ内容にもある通り、MacBook Proに衝撃が加わってから不具合が起きてしまったそうです。
念のためUSB-Cポートより外部モニターに表示させましたが、外部モニター側では黒い線が入らず正常に表示されておりますのでロジックボードなどの故障ではなさそうです。
おそらく液晶自体の故障ですので液晶パネル交換をしてどうなるかといった印象です。

MacBook Pro 2017の液晶パネルのみを交換させていただきましたが黒い線がなくなり正常に映っていることを確認できました。
当社でMacBook Proの液晶交換を行う場合はデータには触れずに作業を行いますので、返却後は今までと全く同じ環境でノートPCをお使いいただけるようになっております。

今回の場合は衝撃が加わったことで黒い線が発生してしまっておりましたが、場合によっては黒い線ではなく白い線やグレーの線とった色が異なる線も発生します。
ただし色が異なる線でも故障している部分は同じとなりますので、修理内容も同じになる可能性は非常に高いです。

 

画面に線が入ったMacBook Pro 2017の修理代金はいくら?

今回のMacBook Proの修理内容は液晶パネル交換となりましたが、修理代金の合計は5万円台となっております。
当社での修理費用としては通常時よりも高額な内容になっておりますが、まだ2017年モデルということで新しい機種ですので仕方がありません。
今後は今までの経験上からすると値段が下がると思われますが、すでにMacBook Pro 16インチモデルが発売されてるということもあり、逆に部品に付加価値が付いてしまい、今よりも修理代金が上がってしまう可能性も否定はできないですね。

 

 

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店