パソコンの画面が映らない バックライト交換

ノートパソコンの電源が入っているのに画面が映らなくなってしまうパソコントラブルは結構多いと思います。
比較的最近の機種であれば液晶パネルがLEDとなっているために以前より少なくなっておりますが、windows xp、vistaあたりのパソコンであれば結構多いと思います。
LED液晶を搭載したパソコンと少し前のパソコンに使われている液晶には違いがあり、CCFL、LEDに分かれております。
テレビで言うとブラウン管からLED液晶テレビに切り替わったと思いますが、パソコンの場合も同じ事が言えます。
パソコンの電源が入っているのにうっすらとしか表示されていない場合は、家庭で言うと蛍光灯が切れてしまっているイメージになります。
家庭で使われている蛍光灯の場合は簡単に交換ができますが、パソコンの場合はそうはいかず非常に細かく分解をする必要がありますので技術を要します。

 

 

以下の画像を確認していただきたいのですが、これでも電源は入っている状態です。
ですが液晶画面が映らない状態です。
でもよく見るとうっすらとわずかに見えるのですが、写真ではわからないですね。

 

バックライト故障

 

 

こちらのパソコンはwindows vistaのOSが入っているパソコンになりますが、使っているソフトがこのパソコンでないと動かないという理由から修理依頼をしていただいております。
うっすらとしか画面が映らない場合の故障箇所は、バックライト、インバーターが一番故障の可能性が高くなります。

バックライトとは家庭でいう蛍光灯の部分になりますが、ご家庭で蛍光灯が切れてしまったら交換しますよね?
パソコンの場合も同じく交換が必要となりますが、交換する難易度は非常に高いために上記のような症状でバックライト交換が必要となった場合は迷わず修理店にご相談される事をお勧めいたします。

 

バックライト交換後

 

バックライト交換で正常に表示されるようになりました。
本来であればこのように写っているはずですが、バックライトが故障していた事で映っておりませんでした。
以下のリンク先よりどれほどバックライトの分解が複雑かわかりますので興味のある方は確認してください。
当店で行っているバックライト交換は13インチ、15.4インチ、が9割を占めており、Windows、Macの両方に対応しております。
Macのバックライト交換はWindowsパソコンよりもさらに分解が複雑になっておりますので、対応している店舗は極端に少ないのが現状ですが修理実績が非常に多くなっておりますのでMacの場合でもお気軽にご相談ください。
Windowsのパソコン同様にパソコンの画面が映らない修理方法は基本的には同じです。

バックライト交換ができない店舗の場合は液晶交換になってしまう為に修理料金としては高額になってしまいますが、バックライトだけを交換する事で費用を抑える事が可能となっております。
もしパソコンの画面が映らなくなってしまった場合は当店で格安に修理が可能となりますのでお気軽にご相談ください。





“パソコン修理


パソコン修理 液晶修理センター 船橋店