パソコンの画面が見えない、うっすらしか映らないパソコン修理

東京都にお住まいの方よりノートパソコンの画面が映らなくなってしまったという事でパソコン修理の依頼をしていただきました。

最近のパソコンと10年前のパソコンでうっすらとしか映らない、画面が見えない場合の修理方法は異なります。
以下のパソコンの内容は10年前のパソコンになりますが、最近のパソコンでうっすらとしか映らない、画面が見えない場合は最下部までスクロールしてください。

 

以下の画像は東京都からパソコンを宅配便で送っていただき当店に到着し、すぐに電源を入れた状態になりますが画面表示が無い事が分かります。
当店にはこのような故障で依頼をしていただく場合は多いですが、お客様からお問い合わせいただいた時におそらくバックライトが故障しているのではないかと感じておりました。

画像をよく見てみるとうっすらとだけ映っているのがわかりますでしょうか?

1 

この場合の多くはバックライトの故障か付随する部品のインバーターの故障の可能性が8割程度になっております。
分解をしない限りどちらが故障してるかの切り分けが難しいために分解が必要になりますが、切り分けの一つとして電源を入れた時に一瞬だけ画面が赤くなり、その後うっすらとしか表示されない場合の多くはバックライト側の故障が原因です。

2

上記の画像をアップにしたものになりますが、かなりうっすらとしか映っていないためにこれではパソコンを使うのは困難ですね。
もし仕事でパソコンを使っている方でこのようになってしまった場合は緊急性を要すると思いますが、外部モニターに接続すればとりあえずパソコンとして使うことは可能です。

3

パソコンを分解し色々と調査をした所、やはりバックライトが劣化しており故障しておりました。
バックライト交換しか行っておりませんが、正常に表示されるようになったことが確認できたと思います。
よく聞かれることですが、バックライト交換でデータは消えません。

今回修理をさせて頂いたパソコンThinkPad X61sは発売されたのが2007年になりますので約10年前のパソコンということになります。
お客様のお話を聞く限りでは今までに一度も故障したことがなかったそうですので、かなり運がいいと思いますね。
電化製品は経年劣化で必ず故障してしまうと思いますが、パソコンの場合は1年で故障する方もいれば10年間全く故障しない場合もございますので当たりはずれがありますね。

今回のパソコン修理はバックライト交換で無事に完了することができましたが、メーカーや家電量販店ではバックライト交換はしていないために液晶交換になってしまいます。
また、今回のLenovo S61sの関してはメーカーでの保守部品が終了していますので、受付はしてくれないと思いますので当店のような修理店でしか直すことができません。

パソコンの画面が暗くなってしまう、チカチカする場合はバックライトの劣化による故障がほとんどですが、部分的な修理をする事で格安に費用を抑えることができますのでお気軽にご相談下さいね!

 

最近のパソコン(10年以内)で画面が見えない、うっすら表示の場合

今と10年前では液晶のバックライトが大きく変更されました。
テレビで言うとブラウン管から液晶テレビに切り替わったのと似ておりますが、最近(2010年以降)のパソコンのバックライトはLEDに切り替わっております。
LED液晶を搭載したパソコンで、画面が映らない、うっすら表示になってしまった場合は、バックライト交換、インバーター交換はできないために液晶故障の場合は液晶パネル交換となります。

バックライト、インバーター交換の場合の修理代金はほぼ一律でしたが、液晶パネル交換の場合は機種により使われている液晶が異なるために修理代金も異なります。
修理を検討されている場合はパソコンのメーカー、型番をお知らせくださいませ。

先ほども記載をしましたが、画面が見えない、うっすらとしか映らないからといってデータも同時に故障している可能性は低く、データはHDD(ハードディスク)やSSDに保存されておりますので、残っている可能性は高いです。

画面が見えない、うっすらとしか映らない故障箇所としては、液晶、液晶ケーブル、マザーボードのいずれかになりますが、機種により修理代金、修理日数は異なります。

 

バックライト修理詳細はこちら

 



“パソコン修理
パソコン修理 液晶修理センター 船橋店