DELL G3 15 3590の液晶交換修理 画面に割れ、ひびがある

DELLのノートパソコンG3 15 3590(3500)の液晶修理の依頼をしていただきました。
修理実績が豊富にある機種になりますが、他店で高額な修理料金の見積もりになってしまったり、修理の受付がNGとなってしまった場合はお気軽にご相談くださいませ。

DELL G3 15 3590の修理実績

【故障のお問い合わせ内容】
液晶画面のひび割れです。

どのような修理を行っているのかG3 15 3590の分解画像で説明をしながら進めていきたいと思います。
内蔵タイプのバッテリーとなっておりますが、本体裏のネジを全て外し裏蓋を開けるとバッテリーのコネクターがありますので外してから作業してください。 

パソコンをお預かりした状態が画像となりますが、表示はされているのですが矢印部分に亀裂が入っているのが確認できます。
今回は割れてしまった液晶パネルを新品の液晶と交換していく手順となります。

 

液晶パネルの周りにフレームがありますが、画像のようにヘラなどを使って分解をしていきます。
背面パネルとフレームの隙間にヘラを差し込み軽くこじるようにしていくと爪が外れていく感覚がわかります。

 

DELL G3 15 3590 液晶修理

縦横にヘラを差し込みフレームを剥がしている状態ですが、液晶周り1周に行います。

 

液晶フレームのみを取り外すことができました。
DELLのロゴがある下側の丸みを帯びている部分が引っかかるので分解しづらいと思いますが、手前に引っ張るようにすれば外せます。

 

ノートパソコンの液晶パネルは、ネジで止められているか、ネジが一切使われていないタイプがあります。
G3153590の液晶パネルはネジで固定されておらず、強力な両面テープのみで貼り付けられている状態です。
画像のようにピンセットでガイドテープをつかみ、下に引っ張るようにすればテープが剥がせます。

 

ゆっくりとテープをした方向に引っ張っている状態ですが、液晶の縦幅と同じ程度のテープの長さがあります。
勢いよく引っ張ると途中で切れてしまいますが、ゆっくり引っ張っていくとすると抜けるような構造になっております。

 

左右に1つずつ両面テープがありますが、テープを剥がすことができると液晶をキーボード側に倒すことができます。
ですが、この状態では液晶ケーブルがまだ接続されている状態ですので無理に引っ張ったりしないように注意をしてください。

 

液晶ケーブル部分は「コの字」のフックで引っかかっておりますが、爪を起こし引き抜くようにすれば外れます。

 

ノートパソコン本体より液晶パネルを取り外すことができました。
液晶パネルの型番を元に部品を用意していきます。

 

先ほど液晶パネルをはがす際に両面テープを剥がしておりますが、再度液晶パネルを接着させるために新しくテープを貼り付けていきます。
ここからは元の手順でパソコンの組み直しをすれば作業自体は終了となります。

 

 

全ての組み直しを終了し電源を入れた状態となりますが、画面から亀裂がなくなり綺麗に映る状態になりました。
よく液晶交換をするとデータがなくなるの??と聞かれることはありますが、画像のようにデータは関係がないのでは残ります。
ただし、万が一のことを考えご自身で液晶修理を行うのでしたらバックアップを取られてから作業した方が良いですね。

 

DELL G3 15 3590の液晶修理の作業時間は?

こちらの機種は何十台と修理をしたことがありますが、分解開始から液晶パネル交換まで20分-30分程度となっております。
即日修理が可能な機種ですが、部品の在庫次第となりますので、お急ぎの場合はご相談くださいませ。

 

DELL G3 15 3590ンの買取も可能

当店はパソコン修理店になりますが、DELL G3 15 3590の買取も行なっております。
今回のように故障がある状態で通常の買取店に買取査定をお願いすると、ジャンク品扱いという形になってしまい、思ったような買取金額にならないかと思われますが、当社では使えるパーツとしての査定を行うために減額査定でお悩みの場合は一度当社で買取査定の依頼をして頂ければと思います。  

 

パソコン買取り