パソコンの画面が暗い、赤い、見えない場合のバックライト交換

先日LenovoのノートパソコンR400をお使いの方より画面が映らなくなってしまった(うっすら、暗い)という事でパソコン修理の依頼をして頂きました。

 

宅配便を利用して送って頂きましたが、電源を入れても画面が暗い状態でした。
以下の画像はR400本体より液晶パネル単体で取り外しをした状態です。
パソコンの画面が暗くなってしまう原因は色々とありますが、Lenovo R400のパネルはCCFLというパネルになっており、CCFLの場合は故障してしまった部分だけのパーツ交換が可能です。

逆に最近の機種によく使われているLEDの場合はバックライトの構造がCCFLとは異なるために、画面が暗い場合は液晶パネルごとの交換になってしまうために割高になっております。

画面が映らない

 



液晶パネル単体の状態でバックライトを光らせて見た所、画像のように赤く表示されておりましたが、これはバックライトが劣化している典型的なパターンになります。
通常時は赤く光るわけではなく、家庭で使われている蛍光灯のように白く光ります。
LED液晶の場合はパネルごとの交換になってしまいますが、CCFLの場合はこのパネルをさらに分解しバックライトだけの交換が可能です。

パソコンの画面が赤い

 



バックライト交換後に組み直しをして電源を入れた状態になりますが、正常に表示されていることがわかりますね。

R400 バックライト交換

 



パソコンの画面が暗い場合はバックライト交換か付随するパーツになるインバーター交換になる可能性が高くなります。
パソコンの年式、機種により対応できる、できないがありますので、万が一パソコンの画面が暗くなってしまったり、映らない、画面が赤い場合は当社で格安に対応が可能となっておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

 

バックライト交換の詳細はこちら





“パソコン修理


パソコン修理 液晶修理センター 船橋店