Surfaceの修理代はいくら?画面割れで検証!

マイクロソフトから発売されているSurfaceの修理代について事例で検証していきたいと思います。

Surfaceの故障にも色々とありますが、その中でも特に多い画面割れはいくら位で直せるのかについて記載をしてみたいと思います。

Surfaceが発売された頃は2in1パソコンとしてリリースされており、iPadのようにタブレット型で使うか、専用キーボードを使いノートパソコンのように使う方法に分かれておりました。
最近のモデルになると完全なノートパソコンとして発売されているモデルもありますが、これらに関しては通常のノートパソコンと変わりがないので内容としては省いていきます。

まずは以下の画像をご覧ください。

 

surface pro 4 画面割れ

上記の画像はSurface Pro 4の画面割れをしている状態になりますが、画面の左上に亀裂が入っていることがわかります。
当社に依頼をしていただくSurface修理で最も多い内容が画面割れによるトラブルになりますが、画面割れは放置しても直ることがないために液晶交換が必要となります。
また、Surfaceで画面を割ってしまうとタッチパネルが操作出来ない事が多く、全く動かす事ができなくなってしまったという方も多くいらっしゃると思いますね。
では、Surfaceの修理代はいくらかかるのかですが、これは機種により大幅に異なっております。

液晶画面は液晶パネルとタッチパネルに分かれておりますが、どちらか片方の故障でも液晶全交換となりますので、修理代は思っているよりも高くなってしまうかもしれませんね。

よくあるのが、「Surfaceを落としてしまい画面に亀裂が入ったが、正常に見る事はできる。」という内容です。

「液晶全部交換しなくてもタッチパネルだけ交換すれば良いのではないか?」と思われますが、タッチパネルと液晶パネルが圧着されているために、片側部分だけの交換ができないようになっております。

これはAppleのiPadや海外製タブレット(ASUS、Lenovoなど)にも同じような事が言え、液晶を作る工程で一体式となっているのです。

iPadで例えると、iPad Airの初期型、iPad miniの初期型などはタッチパネルと液晶パネルが分類できるようになっております。
ですので、正面のタッチパネルだけが壊れてしまった場合でもタッチパネルのみを交換することができるために修理代は安い傾向がありますが、Surfaceはこの限りではありません。

 

Surface Pro 4の液晶交換にかかった修理代は?

 

Surface Pro 4の液晶交換をさせていただきましたが問題なく修理は完了致しました。

当社での修理代金の内訳は、部品代金、作業工賃、消費税の総額となりますが、Surface Pro 4の液晶交換は現時点では32780円(税込)となっております。

今回の修理は液晶交換のみで完了となりましたが、Surfaceを地面に落下させて液晶割れをしてしまうと運が悪いとマザーボード(基板)の故障も併発することがあります。
タッチパネルが割れた場合は液晶交換でほぼ解決できますが、液晶交換をしてもタッチが効かない場合がありますが、その場合は基板の修理も必要になりますので修理代が高額になってしまうケースもございます。

 

まとめ

Surfaceの画面割れにかかる修理代について記載をいたしましたが、画面割れをした時に本体のフレームが変形してしまうこともございます。
変形の度合いにもよりますが、当社で本体フレームの補修にかかる修理代は基本的には無料となります。
万が一見積もり以外に修理代が変更になる場合は必ずお客様でご連絡となりますのでご安心いただければと思います。

Surfaceの修理代はこちら

 

 

 




“パソコン修理

パソコン修理 液晶修理センター 船橋店