Surface Pro 修理 Microsoft(メーカー)と比較をした場合

Surface Proが万が一故障してしまった場合はMicrosoftや購入した店舗に相談をされる事は多いと思いますが、Surface Proの修理は当社でも行なっております。
故障で最も多いとされる液晶割れ、画面割れに関してMicrosoftと比較をしていきたいと思いますが、Microsoftの公式ホームページにあった価格表は以下でした。

 

MicrosoftにSurfacfe を修理に出した場合の修理代金は?

Microsoftの公式ホームページを確認すると、例えばSurface Pro 5の液晶修理代金は51599円 (税込55727円)となっておりました。
Surface Pro 5の定価はスペックによりますが、174744円(税込)か107784円(税込)でしたのでメーカーでの修理代金としてはまずまずといった所です。
また、Microsoft Completeと呼ばれる保証に入っている状態で修理に出した場合は、修理ではなく端末の交換をしてくれるそうです。
逆にMicrosoft Completeの保証期限が過ぎている場合は51599円 (税込55727円)がかかるとの事。
ちなみに現時点での修理代金になりますが、当社でSurface Pro 5の液晶修理をした場合の金額は45144円(税込)ですので修理代金の差額としては10583円となっております。
差額としてはそこまで大きく異なるわけではないので、Microsoftで直した方が良いのでは?と感じると思いますが、修理代金以外にも異なるところは色々とありました。

 

Surface修理代金 (Microsoftのホームページ参照)

Surafce 修理代金 価格表


 

Surface Proを修理した場合データの取り扱いはどうなるのか?

修理代金の違いはそこまで大きく感じなかったのかもしれませんが、データの取り扱いは違います。
Microsoftのホームページを確認する限りではSurface Proの修理をするとデータは消されてしまうので、自分でバックアップを取ってから依頼をしなければならないという事です。
当社は年間を通してかなりの数のパソコン修理をしておりますが、マメにバックアップを取っている方は1割程度と感じております。
購入して間もない状態での故障であればデータはそれほど入っていないと思いますのでそのまま修理に出しても問題はないと感じますが、長年Surfaceを使っているとデータも蓄積されていきますのでデータの取り扱いはかなり重要な事になってしまいますね。
当社でSurface Proの液晶交換を行う場合はデータに触れる事はないために、返却後は今まで通りのデータでSurface Proを使うことができますが、Surface Pro 5でいうと1万円の差額をどう捉えるのかといったところでしょうか?

Surface Proの修理はこちら