SONY VPCCB 画面が映らないパソコン修理

SONYのノートパソコンVPCCBで画面が映らないとの事でパソコン修理の依頼がありました。

【故障のお問い合わせ内容】
画面下部に破線状の線が入る。
横線が4本、短い縦線が1本入っていて画面が映らない。
Windowsのマークも表示されない状態です。
との事でした。

 

今回のパソコンで画面が映らない状態は真っ暗表示の中でも線は入っているという事です。

VPCCB 画面が映らない


パソコンを宅配便で当社まで送っていただき電源を入れてみましたが、確かに画面に薄い線が入っているだけで映らない状態でした。
WindowsマークもSONYのロゴも表示されない為に現時点ではデータがどうなっているか心配ですが、外付けのモニターに接続をし状態の確認をすると、外付けモニターではWindowsが起動していることが確認できました。
データに関しては問題なさそうですので、液晶パネルの交換をしてどうなるのかといったところになりますね。

 


SONY VPCCBの液晶パネルだけを交換しておりますが、正常に映るようになったことが確認できました。
今回の故障箇所は液晶パネルであった事がわかりましたが、液晶交換をしても画面が映らない場合は液晶ケーブル故障やマザーボード故障の疑いがありますね。
SONY VPCCBは発売されたのが2011年頃ですので、今となっては約8年前のモデルという事になりますので、そろそろ何かしらの故障が出てもおかしくはないですね。
VPCCBをお使いの方でパソコンの調子が悪くなってしまった場合は当店までお気軽にご相談くださいませ。

 

SONY VPCCBの画面が映らない修理費用は?

パソコン修理の内容としては液晶パネル交換をしておりますが、
部品代金、工賃などを合わせた金額で1万円台で直すことができております。
使われている部品 (液晶パネル) は15.6インチですが、新品ではなく年式を考慮し、お客様と相談の上で中古の部品にて修理させていただきました。
メーカーや家電量販店で直す場合はおそらくすでに受付はしてくれない機種です。
パソコンが発売されてから5,6年をめどに修理の受付はストップしますので、他店にて対応不可と言われてしまった場合はお問い合わせくださいませ。
画面が映らない場合で液晶交換となった場合は高額な修理代になる可能性がありますが、機種によっては中古部品を用意できる為に格安なパソコン修理が実現可能です。





“パソコン修理


パソコン修理 液晶修理センター 船橋店