パソコンの画面が壊れた時のチェック項目!

パソコンを使っている方であれば必ず一度は起きるであろうトラブルの一つに画面の故障があります。
液晶割れや画面に線が入った、画面が映らないと言ったことが多いですが、画面が壊れてしまった場合でも焦らずにチェックした方が良い項目を挙げさせていただきますので、この記事を見て確認をしていただければと思います。

まず、画面が故障してしまうと見れなくなってしまうために、一番気になる所とすればデータが残っているかどうかと思います。
パソコンは仕事で使っている方も多いために、作業中のデータが飛んでしまったなどがあると重大事故につながってしまいますね。

画面割れの場合は放置しても自然に直ることがないために応急処置はできませんが、修理店に依頼をする前にデータが生きているかの確認は自分で行うことができます。

以下で画面が壊れてしまったパソコンの修理事例を用意しましたので参考にしていただければと思います。

 

パソコンの画面が壊れた


こちらのパソコンはお客様より修理依頼のあったHPのパソコンになりますが、ぶつけたり落としたりしていないのに画面に表示不良が発生してしまったとの事です。
パソコンを宅配便で送っていただき調査のために電源を入れさせていただきましたが、昔のテレビが壊れたような画面になっておりました。 

もちろん画像のようにデスクトップの画面やWindowsのログイン画面も見れないためにデータが残っているか不安になる方も多いと思いますが、このようになってしまった場合はまずはデータの確認を優先します。

やり方ですが、まずはテレビもしくはデスクトップなどに使われているモニターを用意してください。
最近のテレビやデスクトップのモニターには必ずと言って良いほど一つHDMIポートがあると思います。
そのHDMIのポートとパソコン側のHDMIのポートにHDMIケーブルを接続してください。

接続が終わりましたら両方の電源が入っていることを確認してしださい。

パソコンの機種によりますが、キーボード最上段の「Fキー」で外部出力のボタンがありますので、そのボタンを押すことでノートパソコン側のデータを外部モニター側で確認をすることができます。
外部モニター側でいつもと同じログイン画面やデスクトップ画面が見れているようであればデータは無事であることがわかりますのでパソコン修理の方法としては液晶パネルの交換のみで完了する確率が高いです。

万が一外部モニター側で正常に表示されず、ノイズや縦線が入っているようであればマザーボード側の故障の可能性がありますので、パソコン修理としてはマザーボード修理や交換が必要になり、修理代金は高額になってしまう可能性がございます。 

 


液晶パネルのみを交換させていただきましたが正常にWindowsの起動画面を確認することができました。
壊れていたパーツとしては液晶パネルになりますが、外部モニター1つあればパソコン修理店に相談しなくてもある程度自分で壊れた原因をチェックすることもできますね。 

液晶パネルを交換した場合データがなくなってしまうと思われている方は非常に多いかと思いますが、今回の修理事例を見ていただければデータは残っていることがわかります。
当社では今までに数万台は液晶交換をしておりますが、液晶交換をした事でデータが飛んでしまった記憶はございません。

もし、パソコン修理店に依頼をする場合は外部モニターで表示をさせ、事前に自分でバックアップを取ってから依頼をする方法がデータを守る一番確実な方法かと思います。

今回はHPのパソコンを例にさせていただきましたが、富士通、NEC、アップルなど、どのメーカーでも液晶交換をしただけではデータがなくなることはございません。

パソコンはメーカー機種により使われている部品は全く異なりますので、パソコン修理代金も異なります。
メーカー、機種名がわかれば液晶交換にかかる修理代金の目安をお伝えすることができますので、パソコンの画面が壊れた場合はお気軽に当社までご相談いただければと思います。
メーカー修理の半額から1/3程度の格安料金で対応できていることが多いです。 

 

 





“パソコン修理

パソコン修理 液晶修理センター 船橋店