パソコンの画面の色がおかしい場合の修理

パソコンを使っていて画面の色がいつもと違う?おかしいかも?という場合は、今回の内容が参考になるかもしれませんので最後までお読みいただければと思います。 

 

パソコンの画面の色がおかしい


まずは画像をご覧いただければと思います。
こちらのパソコンは富士通のタッチパネルを搭載したノートパソコンLIFEBOOK FMVA77SWになりますが、画面の色がおかしいことは分かりますでしょうか?



こちらはパソコンの画面の色がおかしい状況だったものを修理した後になりますが、修理前後の違いを見ていただければ違いは明らかです。
修理前の画面の色が緑色、修理後は青色といった感じです。 

 

どの部分を修理をしたのか?

修理した部分は液晶になります。
ただし、液晶自体を修理したというよりは液晶パネルを新しいものと交換しております。 

 

なぜ画面の色がおかしくなってしまうのか?

はっきりとした答えはメーカー (富士通) の人間ではないので申し上げられませんが、画面の色がおかしくなった原因はおそらく液晶パネルの劣化が原因と思われます。
当社には画面の色がおかしい!という理由でパソコン修理の依頼はありますが、一つだけ気になる点がございます。 
それはタッチパネルを搭載したパソコンに多い症状と言う事です。
タッチパネルを搭載したパソコンは富士通、NEC、ソニーなど色々なメーカーから発売されておりますが、修理のお問い合わせでお客様からご連絡いただく際に当社側から聞くことは「タッチパネルはついておりますか?』と確認をしております。
100%ではありませんが、ほとんどの確率で「タッチパネルが付いている」と答える方が多く、実際にパソコンをお預かりし修理をした実績としては、今回の事例と同じ液晶パネルの交換で直る確率が9割以上でした。 

今までの経験上年式問わずタッチパネルがついている機種に多い症状になるために、リコールではないのかもしれませんが、何かしら欠陥があるような気がしてなりません。 

 

画面の色がおかしい場合に故障の切り分けを自分で行う方法

画面の色がおかしい場合にパソコン修理店に相談しなくても、自分である程度の切り分けを行う方法を記載しておきます。 
最近のノートパソコンには必ずと言っていいほどHDMIポートが一つはあると思います。
パソコンにHDMIポートがあり、HDMIケーブル、外部モニターがあれば切り分け可能です。
外部モニターの接続方法はこちらで確認をしてください。

外部モニターに接続をし、本来の色が表示されてるようであれば液晶パネルの故障の確率が高くなります。
自分で修理ができない場合はパソコン修理店に依頼をするしか方法はありませんが、パソコンのメーカー、機種、液晶交換をした場合はいくらなのか?と聞くだけでいいので見積もりが早く受け取れると思いますね。
パソコンの画面がおかしいトラブルはこちらでも確認できますので参考にしていただければと思います。

 

修理にかかった金額は?

使われていた液晶パネルが一般的なノートパソコンと変わりがないために特別料金が高いというわけではありません。
部品代金と作業工賃と消費税を含めた総額で2万円台で直すことができました。 

 

まとめ

今回の富士通のパソコンの場合はタッチパネルと液晶パネルが分離できるモデルでしたので直すことができました。
稀にタッチパネルと液晶パネルが一体になってしまっている機種も存在しますが、その場合はタッチパネルに異常がなかったとしてもタッチパネル毎の交換が必要になるので部品自体の入手ができない可能性が高いです。
タッチパネル全メーカーで部品入手が非常に難しいパーツになります。
パソコンのメーカーと型番が分かればこちらである程度は調査する事は出来ますので、万が一画面の色がおかしい状態になってしまった場合は当社までお気軽にお問い合わせくださいませ。 





“パソコン修理


パソコン修理 液晶修理センター 船橋店