パソコン 画面のライン抜けの修理


ノートパソコンをお使いの方で画面に線 (ライン抜け) が入ってしまったとの事でパソコン修理の依頼をして頂きました。

【故障のお問い合わせ内容】
液晶最下部にラインが入るようになってしまった。
なお、パソコンとしての動作には影響が出ておりません。
との事でした。

 

パソコンの画面に突然線 (ライン抜け)が入ってしまうとびっくりすると思いますが、これはどこかが故障している証拠になります。
ライン抜けと呼ばれる症状になりますが、ハードディスクには関係のない故障が大半をしめる為に、データが心配という方は安心して問題ないと思います。

 

パソコン ライン抜け


パソコンをお預かりし電源を入れてみると最下部1cm幅のラインが入っていることが確認できました。
Windowsに関しては正常に起動していることもわかりますのでデータに関しては残っている状態です。
故障している事に間違いはないのですが、ライン抜けの場合は100%ディスプレイの故障とは限らず、他の故障で考えられる部分としては液晶ケーブル、マザーボード故障も少なからず考えられます。
修理店に相談をする前にある程度は自分で切り分けをすることもでき、外部モニターをお持ちでしたら一度映し出してみる事をお勧めいたします。
パソコンを外部モニターに接続し、ライン抜けがなく正常に映るようでしたらマザーボード故障の可能性は低くなり、液晶パネル故障、液晶ケーブル故障の疑いが強まります。

液晶の角度を変えてみてラインが消えたりする場合は液晶ケーブル故障の可能性があるかもしれませんが、液晶の故障でも同様の症状になる場合がほとんどですのでライン抜けの場合は分解調査をして見ないと故障箇所の確定はできません。

 


今回のライン抜けの症状は液晶パネル交換をした事で改善されました。
液晶パネル交換後に画面の角度を変えてもラインが入ることがない為に液晶故障で間違いはないのですが、もし画面の交換をしてもラインが入る場合は液晶ケーブル故障で確定となります。

 

画面がライン抜けをした場合でもそのまま使えるのか?

そのまま使うことは可能です。
ただし今よりもラインが増えたり、ラインの幅が広がる可能性は高くなりますので効率的にパオsコンを使いたい場合は予算次第で修理される事をお勧めいたします。
先ほど記載もしましたが、外部モニターをお持ちであればとりあえずはパソコンとして使うことは可能ですが、使い勝手はあまり良くないですね。

まとめ

ライン抜けで液晶交換になる場合、修理代金としては画面割れなどと同じとなります。
パソコン修理の項目で画面交換は高額な部類になりますが、当社ではメーカー修理の半額程度で対応しておりますので、格安な画面交換をご希望でしたらお気軽にご相談くださいませ。