NEC LZ750/LS 画面に線が入ったPC修理

NECのウルトラブックLZ750/LSをお使いの方で、画面に線が入ったという事でパソコン修理依頼をしていただきました。 

【故障のお問い合わせ内容】
今まで特に不自由なく支えていたパソコンに突如画面上部に白い横線が入るようになってしまいました。
何かぶつけたり落としたりという記憶は全くなく、なぜ線が入ってしまったのかは分かりません。
スペック的にも申し分ないパソコンになるので、まだ数年はそのまま使いたいのですがパソコン修理をすることで使えるようになりますでしょうか。 

 

LZ750/LS 画面に線


LZ750/LSをお預かりし電源を投入すると画面の中央やや上に横一直線の白いライン抜けがあることがわかりました。
ぶつけたりしていないのにこういった症状が出る原因は液晶パネルの故障もしくは液晶ケーブルの故障、マザーボードの故障の3つの内の1つが壊れていて線が出る場合が多いです。
外見上からその3つのうちどこの故障なのかを判断するのは難しいですが、外部モニターなどに映し出してみることで1つずつ故障の切り分けを行うことも可能です。

 今回の場合は外部モニター側では正常に表示されていることが確認できますので、故障箇所として疑われる部分としては液晶パネルですね。


液晶全ての交換ではなくパネル部分だけを新品部品と交換させていただきました。
パネル交換後は白い線がなくなっているために今回の画面に線が入ってしまった原因は液晶の故障であることがわかります。
データに関してはそのまま残した状態でパソコン修理を行っているために、返却後は設定など不要ですぐにノートパソコンとしてお使い頂くことができるようになっております。
当社でパソコンの液晶修理を行う場合はデータには増えることなく作業を行いますのでご安心下さいませ。 

 

LZ750/JSに使われている液晶パネルはものすごく薄く、通常のノートパソコンの1/5程度の厚みしかございません。
今回は液晶割れはありませんでしたが、LavieZシリーズはかなり多くの液晶割れのトラブルが発生しております。
画像を見ていただければわかりますが、爪楊枝一本よりも液晶パネルの方が薄いです。
ですので外部からの衝撃がパソコンに加わってしまうと簡単に画面割れを起こしてしまう機種になりますので十分注意をしてください。
LaVie Z の液晶修理は通常のノートパソコン修理代金よりも高額となります。 

 




“パソコン修理

パソコン修理 液晶修理センター 船橋店