MacbookProのガラス割れ、液晶割れ、ひび、亀裂の修理

MacbookPro 15インチ A1286のガラス部分が割れてしまった方よりパソコン修理の依頼をしていただきました。
MacbookPro A1286はappleでリコールを発表していた機種になりますが、内容はロジックボードでしたね!
今回の故障は液晶側になりますのでリコールとは一切関係はないですが、修理の依頼はよくある機種です。
液晶割れをメーカーで修理する場合はユニットごとの交換となり修理代金は高額ですが、当社では壊れてしまった部分のみを交換する事ができますので費用は安くなります。
以下で修理の確認ができますので壊れてしまった場合はお気軽にご相談くださいね。

パソコン修理が格安です!

 


MacbookPro 15のガラスにひびが入った状態ですが、写真ではわかりづらいですね。
MacbookPro A1286は液晶が2層構造になっており、電源を入れると表示される部分が液晶パネル、表面の指で触れる部分が液晶ガラス(保護ガラス)になります。
今回の故障は表面のガラスにひび、亀裂が入ってしまった状態ですが、こちらの機種の場合はその部分(液晶ガラス)のみを交換する事が可能です。

MacbookPro A1286の後継機種にあたるRetinaモデルの場合はディスプレイが2層構造ではなく、1層構造のために万が一液晶にひびが入ってしまった場合でも液晶ごとの交換が必要です。

MacbookPro ガラス割れ

 


液晶ガラスのみを取り外し、新しく用意していたガラスをはめ込みました。
取り外したガラス部分に亀裂が入っているのが確認できると思います。

2

 


MacbookProについている保護ガラスには配線が一切なく、
単純に液晶パネルを保護する目的のみで、両面テープでユニットについているだけです。
ただし、この両面テープが非常に強力になっているので簡単に取り外す事はできないようになっております。
修理方法としては単純な作業なのですが、意外と時間がかかる作業になっております。

部品の在庫がある時に持ち込みをして頂ければ当日修理は可能ですが、時間がかかる作業になりますので予約をしてくださいね。
メーカーではユニットごとの交換になってしまうと思われますが、もしかすると現時点では修理の受付自体をしていないかもしれません。(少し前の機種の為)

当社では年式問わず部品が入手できる機種でしたら問題なく対応しておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

MacbookProの液晶修理はこちら

1


お問い合わせ