バックライトの光り方にムラがあるMacBookはリコール?

MacBook 12インチ2016年モデルをお使いの方で、バックライトの光り方にムラがある修理依頼がありました。

【故障のお問い合わせ内容】
ディスプレイ下端にムラがあり、バックライトが全灯していないような状態です。
との事でした。

状態の確認をしていただく為に、当社まで宅配便にてMacBookを送っていただく流れとなりまし
た。

 

お預かりしたMacBookの電源を入れると画面下部にムラがあることがすぐにわかりました。
下部分以外は正常に画面自体が映っていることが確認できますが、バックライトの光り方が正常ではないために上部分も若干暗い気がしますね。

実はMacBookのバックライトにムラが出る故障は今回が初めてではなく、何度か遭遇したことがありますが、メーカーでも公表されているように一部リコール対象かと思われます。

MacBook 12インチは液晶パネルと背面パネルが分解できる構造になっておりますが、背面パネル側にバックライトがついております。
ですので、修理方法としては液晶パネルのみではなく液晶上半身の交換をしていきます。

MacBook 12の上半身交換を行いましたが、バックライトにムラが無く正常に光るようになったことが確認できました。

今回の修理はMacBookですが、同じ年代に発売されているMacBook Proでも以前は Appleよりリコールの発表がありました。
メーカーでリコールの対象期間内であれば無償修理してくれますが、リコールの対象期間が切れてしまっている場合は有償修理となります。

 

MacBookの修理に掛かった費用はどれくらいなのか?

部品代金と作業工賃などを含めた総額で約5万円となっております。
現在MacBook 12インチは生産終了しているモデルのために、今後修理となるともっと高額になってしまう可能性がございます。
MacBookのバックライトの光り方にムラがあったり、画面が割れてしまっている液晶交換が必要な場合は当店のみならず急いで終了された方が良いでしょう。

 

 





“パソコン修理


パソコン修理 液晶修理センター 船橋店