Mac 画面が割れた、見れない場合の対処法は?

Mac問わずパソコンをお使いであれば誰でも起こりうるパソコンの故障といえば代表的なトラブルとして画面割れがあります。
この記事ではMacの画面が割れた、見れない場合の対処方法を詳しく書きたいと思いますので、これらの症状でお困りの場合は参考にしていただければと思います。

 

画面割れをしてしまう原因は何?

Mac 画面割れ

Mac、Windows両方に共通することですが、画面割れの原因は今までの経験からすると衝撃による故障が100%と感じております。
よくお問い合わせを頂く内容で気づかぬうちに画面が割れた、バックから出して電源を入れると画面が割れていたなど、身に覚えのない故障でお問い合わせを頂くことは非常に多いです。

iPhoneの画面割れなどに置き換えると分かりやすいかと思いますが、iPhoneを一度も落としていないのに画面が割れることはないですよね。
パソコンはiPhoneに比べると大きい物になりますので、持ち運びをしている際に気づかないでぶつけたり落としてしまう可能性は非常に多いのです。

 

Macで画面割れを防ぐ方法はあるのか?ケースに入れれば大丈夫なのか?

今までの経験上で申し上げると画面割れを防ぐ方法は全くございません。
ですので、ケースに入れても画面割れをしている方は今までに何百人と見てきておりますので、画面割れを防ぐ目的でケースを買うのは少し違います。
また、液晶を守る目的、指紋がつかない目的でフィルムをディスプレイに貼る方はいらっしゃいますが、やはり画面割れを防ぐ事はできません。
フィルムが貼ってある状態で画面割れの修理依頼は何百台と行ってきております。

また、新品購入後にフィルムやケースを購入される方は非常に多いかと思いますが、フィルムやケースは画面割れを守る目的ではなく本体の傷に関して高確率で防ぐことはできます。

過去にあったお問い合わせですが、フィルムを画面に貼っている際に強く押してしまいそのまま画面を割ってしまったという方もいらっしゃいました。
ですので、フィルムを画面に貼る際は、力加減に注意をした方が良いです。
最近のMacのノートパソコンのディスプレイはクレジットカード一枚分程度の厚みしかないために簡単に割れてしまいます。

液晶の厚みをわかりやすくお伝えするために、コストコの会員証と並べて見ました。
意外とびっくりしたのですが、全く同じ厚みでした!
コストコのカードを持っている方は結構多いと思いますので、財布からカードを出して厚みを調べてみてください。
そのコストコのカードの厚みが10年前から使われているMacのノートパソコンのディスプレイです!

 

データが心配!残っているのかをチェックする方法

Macの画面が割れてしまったり、画面に表示不良があると見れなくなってしまう事がありますが、一番気にされる部分はデータかと思います。
普段まめにバックアップを取っている方であればデータの心配をする事はあまりないかと思いますが、実際にバックアップ(iCloud、iTunesなど)を取りながらMacを使われている方はかなり少ない印象があります。
そんな方のために現時点でデータが残っているかの対処法をお伝えします。

まずは用意していただくものがございます。
テレビ、もしくわデスクトップに使われるモニター、そしてHDMIケーブルもしくはD-Sub15ピンと呼ばれる外部出力できるケーブルです。

【用意するもの】
モニター
外部出力できるケーブル

モニターやケーブルはパソコンの端子によりますので、パソコンにあったケーブルを用意してください。

 

MacのノートパソコンにはHDMI端子が付いていない機種もあり、古いMacになるとHDMI端子がない場合もありますね。
また、比較的新しいMacになるとUSB-Cポートのみしかありませんので、それらの機種をお持ちの方はHDMIに変換できる変換器を用意してください。 

USB-Cの変換器はAppleでも販売されておりますが、7000円から8000円といったように以外と高額です。
Amazonなどで代用できる変換器もありますが、2000円から3000円ほどで購入は可能ですので各自用意してください。

Apple USB-C変換器

画像はApple純正品です。

モニターとケーブルが用意できましたらパソコンの端子とモニター側の端子にケーブルを接続してください。

画面割れをしてしまったパソコンが本体とするとモニター側は外部モニターという扱いになります。
パソコンの電源を入れ外部モニター側に本体側のデータが表示されるようであればデータは残っております。
また、操作性は悪いですが、本体側のキーボードを使って外部モニターを見ながらバックアップを取ることができます。

 

画面割れをした場合、一時的な対処法はあるのか?

画面割れにも大小あり、全く見れない場合もあれば一部だけが見れない場合もあります。
かなり小規模な画面割れであれば見えている部分でパソコンを使うことはできると思いますが、そのまま放置しても画面割れは改善しないために修理を行う必要が出てきます。

画面が粉々にはなっておらず亀裂が入っている程度という事からそのままMacを使われる方もいらっしゃると思いますが、危険ですので修理店に相談をされた方が良いでしょう。

iPhone、iPad、スマホのガラス割れ(表面割れ)などをセロテープなどで補強している方は見かけますが、パソコン(Mac)の場合は表面の割れというよりか内部で割れてしまうことの方が多いです。
ですのでテープで一時的に対処することはあまりないと思いますが、どちらにしろ画面が割れている場合は交換が必要なので修理店に相談をしてください。

 

画面割れの修理はどこでできる?

Macの修理先として一番に考えるところとすればMacを購入した店舗、もしくはApple Store かと思います。
家電量販店でもMacの修理受付を行っている店舗もありますし、民間の修理店でもMacの修理を行っているところはございます。
それぞれ修理内容や修理代金は異なりますのでどこで直したらいいのかは一概に言えません。
メーカー保証が残っている場合はメーカーに問い合わせをされる方は多いかと思いますが、画面割れの場合はメーカー保証対象外となってしまう可能性は非常に高いです。
そのままメーカーで見積もりを取っていただければわかるかと思いますが、Macは機種が新しいほど修理代金は高い印象があります。

例えば比較的新しい機種でタッチバーが付いているMacBook Proの画面交換を依頼した場合は10万円は見ておいた方が良いでしょう。
当社に修理依頼をして頂くほとんどの方がメーカーや家電量販店で見積もりを取った後に相談をしていただきますが、こちらのページでMacの格安修理ができる訳の確認が可能です。

全国的に見てWindowsの修理に対応してる店舗は多いですが、Macの修理に対応している店舗はあまり多くはありません。
当社ではMacBook Airの新型モデルなど新しい機種でも対応しておりますが、他店で高額な見積もりをされてしまった、修理不可となってしまった場合でも直せる可能性はありますので画面割れで絵お困りでしたら一度お問い合わせくださいませ。

 

 





“パソコン修理


パソコン修理 液晶修理センター 船橋店