Mac 液晶修理 線が入る、画面が映らない

Macを使っている方であればいつかは遭遇するであろう画面故障ですが、
実はAppleの修理項目の中では最もと言ってもよいくらい高額なのはご存知でしょうか?

Macに衝撃が加わって起きてしまう画面割れ、特に何もしていないのに線が入る症状、画面が映らないなど液晶に関してのトラブルは意外と多いので参考にしてください。

 

Mac 画面に線


上記の画像はMacに衝撃が加わり液晶割れをしている状態ですが、液晶割れをした事で画面に線が入るようになってしまいました。
また、本来は電源を入れるとリンゴマークが表示され、その後しばらく待機するとログイン画面やデスクトップ画面へと切り替わりますが、今回のケースではずっとこのままの状態で動かなくなります。
何か思い当たる事があった故障であれば有料での修理は仕方のない事かと思いますが、特に思い当たる事がないのに画面に線が入る場合は初期不良などの可能性もありますので、一度購入店やAppleサポートに相談してみる事をお勧めいたします。
液晶が割れていないのに線が入る場合は、液晶の劣化、初期不良、ロジックボード故障のどれかに当てはまる確率が高いですが、外部ディスプレイに接続をしてどうなるのかが重要なポイントになっております。
外部ディスプレイに接続をしても線が入る場合は高確率でロジックボード故障(基盤故障)ですが、修理代金は高額になりますのである程度の覚悟が必要になるかもしれません。
ただし、Apple Careに加入をされていて保証期間内であれば無料対応してくれると思いますね。

 


Macの液晶交換をいたしましたが、正常に映るようになった事が確認できました。
当店でMacの液晶交換を行う場合はデータの消去などはせず、そのままの状態で返却をしておりますので今まで通りにMacを使う事ができるようになっております。
Appleや家電量販店でMacの修理をするとデータ消去が基本のような気がしますが、液晶交換だけで消えることはないのになぜ消してしまうのですかね。。

 

Macの液晶修理(画面に線、液晶割れ)にかかる納期はどのくらい?

画面に線、液晶割れがある場合は液晶交換をするのですが、当店の場合は部品の在庫があればどのmacでも最短1日(当日修理)で完了いたします。
液晶上半身交換(アセンブリ交換)とパネル交換で修理方法は分かれますが、どちらの場合でも部品のストック次第では際短期間で修理ができております。
当日修理ができるのはWindowsだけと思われがちですが、Macでも当日修理しておりますので、お急ぎの場合はお気軽にご相談くださいませ。

 

Macの液晶修理(画面に線、液晶割れ)にかかる金額、費用はどのくらい?

Macにも色々な機種があり、MacBook Air、MacBook Pro 、MacBookで修理代金は異なっております。
5年以内に発売されているMacの場合ではMacBook Air 11インチの液晶修理が最も安く、部品代金、作業工賃、消費税を含めた総額で2万円弱で修理ができております。
この修理代金が安いのか、高いのかなどの相場はわからないと思いますが、一度Apple Storeや家電量販店に問い合わせをしてみてください。

MacBook Proは以前のモデルと比べRetinaディスプレイに変更されているために、MacBook Airなどの修理代金と比較をすると高めになっております。
また、最近のMacBook 12もRetinaディスプレイのために費用は高めです。
ただし、MacBook 12は最近廃盤機種となってしまったので、今後液晶が壊れてしまっても修理自体ができなくなってくると思います。
現時点で世界中にある液晶の在庫がなくなってしまったら修理自体はできなくなるでしょう。
(おそらく部品の生産はストップしています。)





“パソコン修理


パソコン修理 液晶修理センター 船橋店