【MacBook 修理代金】 液晶割れの機種別料金

Appleから発売されている機種でMacBookがありますが、MacBookが初めて発売されたのが2006年になりますので今から10年以上前からあるMacになりますね。
2018年に新型MacBook Airが発売された事でもしかするとMacBookがなくなってしまうのでは?と噂もありますね。
MacBookを所有されている方は非常に多いですが、故障してしまった時の修理代金が少しでもわかれば取り扱い方も変わるのでは。
メーカー(Apple)で直す場合の修理代金は高額というのは誰もが感じる事ですが、民間の修理店では一体いくらの修理代金がかかるのかを知っている方はあまりいないかもしれませんので参考にしてください。
MacBookを購入した店舗と当社で修理代金を比較した場合、数万円の差額が発生しますが、なぜそこまで差額があるのかも説明していきたいと思います。

 

歴代MacBookの修理代金 (参考価格)

MacBookの修理代金に幅があるのはアセンブリ交換(上半身交換)、新品液晶、中古液晶を使った場合による為です。
万が一MacBookが液晶割れをしてしまった場合でも当社ではデータを残した状態で修理をさせて頂きますので、液晶交換をするだけで今まで通りにMacBookを使うことができるようになっております。
Macの修理代金は高額と思われがちですが、以下で概算の修理代金を確認する事ができますので参考にして頂ければと思います。
ボディに大きな凹みや歪みがない限り液晶パネル交換だけで対応しておりますので、メーカーや家電量販店に比べると格安修理が可能となっております。

MacBook 修理代金


 

・MacBook A1181 (ポリカーボネート) 13インチ 2006年〜

Macのノートパソコンとして初めて黒ボディが発売された機種ですのでかなり人気のあった機種であり、液晶パネルが唯一LEDではなくCCFLになっております。
液晶パネルは旧型式の為に新しく生産はされていないと思われますので、壊れてしまった場合は部品がなくなる前に修理をお勧めいたします。
液晶割れの修理代金は12000円から22000円前後

 

 

・MacBook A1278 (ユニボディ) 13インチ 2008年〜

液晶のガラスと液晶パネルが分離されているモデルです。
発売された期間が非常に短くなっておりこの後に発売されたMacBook Proと見た目は同じですが、スペックは異なります。
ガラスだけの交換、液晶パネルだけの交換ができる為に
ガラス割れ、液晶割れの修理代金は15000円から28000円程度

 

 

・MacBook A1342 (ポリカーボネート) 13インチ 2009年〜

見た目はMacBook A1181に似ておりますが、A1342の方が丸みを帯びております。
液晶パネルがA1181と違いLED液晶に切り替わっている為に、A1181から乗り換えをした方は液晶の鮮やかさに驚かれるはず。
液晶割れの修理代金は12000円から25000円前後

 

 

・MacBook A1534 (ユニボディ) 12インチ 2015年〜

2015年に発売されておりますが、現時点(2019年)では最新モデルのMacBookになります。
発売されてから数年が経過しておりますが、部品の価格が世界的に安定していない状態が続いておりますので、修理代金に納得できる場合は早めの修理をお勧めしております。
(今後金額が上がってしまうかもしれません)
MacBook Airと液晶パネルの厚みが同じで解像度もRetinaモデルになっている為に非常に綺麗ですが、新型MacBook Airの発売によりなくなってしまうとの噂がある機種です。
液晶割れの修理代金は40000円から50000円程度

 

まとめ

MacBookの液晶修理代金は最大で5万円くらいと言ったところです。
MacBookの後継機にあたるMacBook Pro タッチバーモデルになると修理代金5万円を超えてくる為に、まだ安い方なのかと思われます。
昔のMacに比べると液晶のスペックがかなり上がってきておりますので、10万円以上のApple製品を購入する場合はApple Careを視野に入れた方が良いかもしれません。
当社ではMacの液晶修理実績は非常に多い為に、他店でMacBookの高額なお見積もりをされてしまった場合は一度ご相談くださいませ。





液晶修理センター 八千代店


液晶修理センター 船橋店